トップへ » 歯の治療が怖いという方へ » 歯科治療恐怖症

【歯医者さんに行けない原因1】歯科治療恐怖症になってしまった

歯科治療恐怖症実は、なぜ歯医者さんがこれほどまでに怖く、イヤでたまらないのか、本人でさえ理由がわかってない場合がけっこうあるのです。

よくあるのが過去の歯医者さんでのイヤな記憶がもとで恐怖症になってしまう

■「歯科治療恐怖症」

です。「歯科治療恐怖症」という病気があるわけではありませんが、私は便宜上、この言葉を使うようにしています。

歯科治療恐怖症になっている場合、過去の歯医者さんでの不快な経験が、いわゆる心的外傷(トラウマ)になってしまい、歯の治療はもとより歯医者さんそのものに対して、体と心が過剰に反応してしまいます。

無意識のうちに歯医者さんでのイヤな記憶をフィードバックしている

自分にとって危険なものを察知すると、脳は「逃げろ!」とか「避けろ!」というような信号を発します。

体はその信号を受け取って、危険なものから逃れるための反応を起こします。たとえば道を歩いている時、背後から車の音がしたら、誰でも道の端に寄ります。その動作は何気ないものですが、音を聞いた瞬間に脳は危険を察知し、すぐさま「逃げろ」というサインを送り、それを受け取った体は身を守るために動く、という一連のプロセスを経ているのです。

この反応自体は非常に正常なものです。というより、生きていくために不可欠なものです。ところが歯科治療恐怖症になってしまうと、このプログラムが必要以上に反応するようになってしまいます。

緊張のあまりアブラ汗を流したり、震えが止まらなくなったり......
患者さんがイヤイヤながらも、歯医者さんにやってきたとしましょう。ドアを開けようとした瞬間、今度は赤信号が点滅します。もうこの時点で、体は逃げる方へと反応してしまいます。

それでも「ここまで来たのだから」と辛抱する患者さんの中には、緊張のあまりアブラ汗を流したり、震えが止まらなくなったり、動悸が激しすぎて呼吸困難を起こしたりすることさえあります。

このようなことを何度か繰り返している患者さんは少なくありません

歯科治療恐怖症このようなことを何度か繰り返している患者さんは少なくありません。そして、繰り返せば繰り返すほど悪循環に陥って、いっそう深刻な歯科治療恐怖症になりかねません。

私のクリニックには、「よくここまでガマンできたなぁ」と思われるような患者さんが数多く訪れますが、そうした「ガマン」も、まさに悪循環へとつながってしまうのです。

治療をするためには、この悪循環を断ち切って、心と体が異常に反応してしまうサイクルを修正していく必要があります。私のクリニックで無痛治療をされた患者さんは、治療を一回終えるごとに自信を取り戻し、最後には歯科治療恐怖症から脱出しています。異常反応のサイクルを修復できたということなのです。

カテゴリー一覧

歯医者さんに怖くて行けないすべての患者さんへ

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 歯の治療が怖いという方へ » 歯科治療恐怖症


コールバック予約

PAGE TOP