トップへ » 歯の治療が怖いという方へ » 意外に多い嘔吐反射

意外に多い嘔吐反射

嘔吐反射口の中に何か入ってくるだけで「オエッ」となってしまう。このような症状を「嘔吐反射」、専門的には「異常絞扼反射」といいます。

嘔吐反射で歯医者に行けない人は多い
ただ、歯ブラシを入れると嘔吐反射が出てしまうという人はわりといます。

「嘔吐反射」という言葉がほとんど浸透していないせいか、一般的には「嘔吐反射が問題で歯医者さんに行けない人など、さほど多くはないだろう」と受け止められがちです。しかし、実はかなりの数の患者さんがいるのです。

軽度の嘔吐反射の人では、歯型を採る際の型材を口の中に入れることができなかったり、奥歯のレントゲンを撮影するのを苦痛に感じたりします。

しかし症状のひどい人になると、「前歯を触ることもできない」「歯科用の鏡を口の中に入れることもできない」ということになります。歯科用の鏡が口の中のどこにも触れてはいないのに、入ってくるだけで嘔吐反射が起きてしまったりするのです。


トップへ » 歯の治療が怖いという方へ » 意外に多い嘔吐反射


コールバック予約

PAGE TOP