トップへ » 歯の治療が怖いという方へ » 「歯医者さんに行けない患者さん」が増えている理由とは?

「歯医者さんに行けない患者さん」が増えている理由とは?

では、「歯医者さんに行けない患者さん」が増えている理由とはなんでしょうか?歯医者さんに行けない患者さんが増えた理由には、以下の二つがあると私は考えます。

【理由1】歯医者さんであまりにも辛い経験をして、それが忘れられない人が増えている
【理由2】「心の病」を抱えている人が増加している

これらを詳しく説明します。

【理由1】歯医者さんであまりにも辛い経験をして、それが忘れられない人が増えている
もう一つには、幼い頃、歯医者さんであまりにも辛い経験をして、それが忘れられない人が増えているというケースです。

もともと、歯科というのはあらゆる病院の中でも悪いイメージがあります。「痛い、怖い、つらい、苦しい」という固定概念を持っている人は、9割以上といってもいいのではないでしょうか。

そこにきて、しぶしぶ行ってみたら、やっぱり嫌な思いをした。注射をして、歯を抜いて、「キーン」という耳障りな音を聞きながら、痛むムシ歯の治療を必死でがまんした。そんな経験が一種のトラウマとなり、歯医者さんに行こうと思っただけで、痛みや怖さがフィードバックしてしまうのです。

【理由2】「心の病」を抱えている人が増加している
二つ目の理由として、「心の病」を抱えている人が増加していることです。ストレス社会といわれる現在では、本人がまったく気づかないうちに、心を病んでしまうことが少なくありません。

心が健康な状態ならともかく、心の病を抱えていると、実際以上に不安や恐怖を感じることが少なくありません。それも、本人にしてみれば、とても耐えられないレベルの強烈な恐怖です。

その不安や恐怖の対象が、歯医者さんに向けられている。あるいは、何にせよ未知のものに対する不安が先立って、「何をされるのか分からない歯の治療などできない」ということになってしまうのです。

これら二つが歯医者さんに行けない理由
これら二つが、歯医者さんに行けずに悩む人が増えている理由だと考えられます。私のクリニックを訪れる患者さんを見るかぎり、特に「トラウマになっている人」が圧倒的に多く、その次が「心の病」だと思われます。


トップへ » 歯の治療が怖いという方へ » 「歯医者さんに行けない患者さん」が増えている理由とは?


コールバック予約

PAGE TOP