トップへ » 院長の麻酔技術 » 喜びの声

喜びの声

喜びの声 症例1「嘔吐反射」

第一ボタンを留められないほどの嘔吐反射。無痛歯科治療で念願の健康な口元を取り戻し、仕事の成績までアップ。嘔吐反射の症状まで軽くなりました

【森山孝明さん (仮名・36歳)】


森山さんは嘔吐反射の症状が非常に強く出ていました。過去に歯科医院を受診した際には、「なぜそんなにえづいてしまうんだ!こんなことなら、もう歯医者なんかに来るな!」と歯科医師から怒鳴られてしまったそうです。

森山さんは院内の他の患者さんたちからの視線を感じて逃げて帰りたいほどの恥ずかしさがこみ上げてきたと話していました。と同時に、歯科治療を受けることが罪悪であるかのように自分自身で思い込んでしまったということです。そのため、その後はいっさい歯科を受診することができなくなってしまいました。
治療ができないわけですから、歯の状態は悪化する一方です。森山さんは痛み止めの薬で抑えたりしながら、なんとかごまかしていました。しかし、奥歯だけでなく、次第に前歯にまでムシ歯が広がってきてしまったのです。

森山さんは営業の仕事をしています。当然、お客様と話す機会が非常に多いのです。にもかかわらず、人と接するにはあまりにも不都合な口元になってしまいました。
思い悩んでいた森山さんは、インターネットなどで自分の症状について調べてみるようになりました。その結果「えづく」症状がひどいことを、「嘔吐反射」と呼ぶことを知ったのです。さらに「嘔吐反射」で歯科医院を検索してみたところ、当クリニックに行き着いたのです。「嘔吐反射」に対応している歯科医院だということを知った森山さんは、思い切って電話をかけてみたということです。

来院された森山さんは、ネクタイをきっちり締めることができていませんでした。また、ワイシャツの第一ボタンを留めることもできなかったのです。ネクタイをゆるめ、第一ボタンを外した様子は、はた目から見ればだらしない印象を抱かざるを得ないような状態でした。また、理髪店などのエプロンも苦手だと話しておられました。もちろん、歯科医院のエプロンも苦手です。

もともと嘔吐反射はあったそうですが、かつてはそれほど重度でもなかったということです。しかし、ある時、歯科治療中のバキュームが喉に当たってえづいてしまったそうです。これがきっかけで、その時のことが脳裏にフィードバックされるようになり、歯科用ミラーが唇の中に入ってくるだけで、嘔吐反射が起こってしまうようになったのです。

こうなると奥歯の治療は当然無理です。前歯の治療でさえも、かなり苦しまれることは火を見るよりも明らかでした。口を大きく開けていただけないため、口の中の診査もあまりできない状態だったのですが、外からそっとのぞき込んでおおよその歯の状態を把握しました。
顔の外から口の中を撮影するパノラマレントゲン撮影(上下の前歯で小さなプレートをはさんで撮影することが多い)では、プレートを前歯で噛むことも精神的にできないということで、ご自身の舌を軽く前歯ではさみ、撮影しました。その結果、多数の歯の治療が必要なことがわかりました。治療の中には抜歯およびインプラントも含まれました。
軽度の嘔吐反射では、笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法で対応できる場合も多いため、まずは笑気吸入鎮静法から試していきます。

しかし、長年の経験上、森山さんの場合はそれでは困難だろうと判断しました。そして、静脈麻酔法を用いて治療する計画を立てたのです。
いざ治療をはじめると、やはり重度の嘔吐反射が認められました。そこで、数種類の薬剤を静脈への点滴(静脈路)から注射し、嘔吐反射を抑えながら治療を行うようにしました。森山さんの場合、インプラント治療が含まれていたため、静脈麻酔法も合計5回行うことになりました。しかし、無事に安定的な治療を続け、完了することができました。

さて、口の中の健康は、普段から継続して維持する必要があります。森山さんにも、その後は定期健診を目的に受診してもらうことを勧めました。定期健診となると、治療とは異なり静脈麻酔法を用いるまでもありません。しかし、これが嘔吐反射のある患者さんにとっては、やっかいなことになってしまいます。つまり、眠っている間にすべて終わっている重い治療の方がラクで、ちょっと歯の状態を診たり歯垢・歯石をクリーニングするだけという軽い処置の方がつらいのです。

しかし、嘔吐反射を起こすことなく治療できたという自信の表れなのでしょうか。森山さんは歯周病検査や歯石除去などの処置は、嘔吐反射を起こすこともなく通常に治療を行えるように、すっかり変わられたのです。それにともない、次第にネクタイやシャツの第一ボタンも留められるようになりました。本人の苦痛を知らない人々からは、当然ながらだらしなく思われていた森山さんですが、これだけで印象が大きく変わりました。

さらには口元が美しくなったため、仕事上の会話に積極性が出てきたのです。その結果、成績も大きく伸ばせるようになったとのことでした。その後、森山さんはご結婚をされました。毎日、素晴らしい笑顔で過ごされているご様子を目にすると、心から治療させていただいてよかったと思います。

喜びの声 症例2「歯科治療恐怖症」

夫婦なのに真正面から顔を合わせることができない、歯科治療恐怖症を乗り越えて、夫の愛情に応え、豊かな人生を取り戻しました

【佐伯真智子さん (仮名・48歳)】


20代前半で結婚された佐伯さんには、ご主人と成人されている2人の娘さんがおり、家族4人で仲良く暮らしていました。
佐伯さんは高校時代に受けた歯科治療で激痛を経験しました。それ以降、その記憶がよみがえってきて歯科受診をすることができなくなってしまったのです。

最初に来院されたのは佐伯さんのご主人でした。夫婦という間柄なのに、横を向いて会話をするという異常な毎日に悩んでいる。
ご主人はそのことに悩んでおり、相談しにいらしたのです。顔をそむける理由は、歯の治療ができていない口元を見られたくないということ、そして、正面から話すと口臭に気づかれてしまうということでした。ご主人が「気にすることはない」といっても佐伯さんは譲らずに、そのことでいつもケンカになってしまうということでした。

こちらに顔を向けてもらうには治療をするしかないと考えたご主人は、何度も歯科医院に佐伯さんを連れて行きました。しかし、医院の前まで来ると、くるりと入り口に背を向けて帰ってしまう。その繰り返しだったそうです。来院された時も、クリニックのドアをくぐれるがどうかわからないとのことでした。そこで、待合室でも他の方を全く見かけることがないよう予約時刻を考慮しました。

初めて佐伯さんとお会いした時は、たいへんおきれいな方でちょっと驚きました。服装やお化粧、髪型などにかなり気を遣われていることが一目でわかりました。ご主人は、「自分が横にいるとかえってだめだから、席を外しておきます」といって外に出られ、佐伯さんご本人から、一対一でゆっくりとお話を伺うことになりました。

私と2人になってから、佐伯さんは今までの歯科治療に対して思い悩んでいたことを、約1時間にわたって涙を流しながら話されました。最近は外出することも少なくなり、死んでしまいたいと思うこともしばしばあるということ、昔からの友人たちから再会の連絡をもらっても会いにいけない自分が情けないこと、口元に自信がないから衣服や髪、お化粧などに力を注いで、精一杯外見的にきれいでいるようにしていること、夫をずっと愛していることや、子どもも母である自分のことをずっと慕ってくれていることに感謝している──。そのようなことを切々と涙ながらに語ってくださったのです。

私は佐伯さんは本当に歯科の疾患で悩んでおられるのだと実感しました。そして、何としてもその思いに応えてあげたいという気持ちが湧き上がってきました。十分な時間をかけて信頼関係を築いた後でレントゲン撮影を行いました。佐伯さんは、インプラント治療を行わずに従来の治療・修復法で対応することを計画し、全身麻酔法を行うことにしました。

治療は合計4回で完了しました。とても喜んで、満面の笑みでご主人と帰っていかれた佐伯さんの姿は、今も忘れられません。そればかりではありません。定期健診のために半年後に来院された時は、スタッフの誰もが驚くほど、いっそう美しくなっていたのです。口元がきれいになったことで、もっときれいになりたいと願い、ダイエットをされたということでした。外見だけではなく、自分に自信を持って毎日を過ごしていることが感じられました。

その後、佐伯さんは下顎の奥歯の部分はインプラントにしたいとご自身から希望され、その手術も無事に終わりました。歯の健康か、その人の生き方までも大きく変えてしまうのだということを、改めて感じさせられました。

喜びの声 症例3「抜歯」

幼少時の経験から歯科治療恐怖症に。インプラントのための抜歯ができた時、思わず涙がこぼれました

【石橋洋子さん (仮名・29歳)】


幼少の頃から歯の治療が極端に困難だったという石橋さん。その頃の記憶のためなのでしょう、大人になる頃にはすっかり歯科治療恐怖症になってしまいました。
しかし、周囲の人はまさか石橋さんが歯科治療恐怖症だとは思いもよらなかったことでしょう。石橋さんは普通の会話をしている限りはとでも明るい印象の方だからです。ただ、大の大人が歯科が怖いということを恥ずかしいと思っている人は多く、それを隠すためにあえて明るく振る舞っていたのだと思います。

石橋さんは同年代のご主人と二人で暮らしていました。私のクリニックまでは片道4時間もかかるという遠方からの患者さんです。そこまでしてクリニックを訪れたきっかけは、治療をせずに放っておいたムシ歯がどんどん悪化し、上下左右が痛むまでになってしまったためです。痛み止めを飲んで抑えることにも、もう限界が来ていたのです。

このままでは大変なことになると思った石橋さんは、インターネットで無痛歯科治療を探されたそうです。そして、当クリニックを受診されることを決意し、はるばる来院されたのです。お話を聞いた上で、レントゲンなどの検査も行いました。

石橋さんはほぼすべての歯を治療しなければならない状態で、インプラントもしなければなりませんでした。抜歯即時埋入インプラントといって、歯を抜くと同時にインプラントを骨に埋め込む方法を行うことになったのです。こうしたすべての治療は、静脈麻酔法にて対応することになりました。インプラントのために抜歯した際のことです。

石橋さんが麻酔から覚めて、お口の中から歯がなくなっているのに気がつかれた瞬間、瞳から涙がこぼれました。私は、やはり歯を抜くことがつらかったのかと思い、そう問いかけました。すると、そうではなくて、歯を抜くことができたうれしさのあまり、涙が出たとのことでした。
それほどまで抜歯を望んでいたこと、また、通常での抜歯に対する恐怖心がそれほどまでに激しかったのかと、あらためて思いました。

石橋さんは、全部で5回の来院で20数本の歯の治療を行いました。毎回ご主人と二人で来院されました。治療時間が4時間と長いため、ご主人はその間、梅田や難波・心斎橋などに出掛けて、時間をつぶしておられました。しかし、毎回、そうしてあちこち観光しながら待つのも、楽しみにしていると話しておいででした。

遠方から来られる患者さんには、こちらとしてもいつも気を遣うため、石橋さんご夫妻のようにミニ観光がてらに来ていただけると、やはりホッとします。その後は、定期健診にやはり二人で大阪まで来ていただいています。

カテゴリー一覧

歯医者さんに怖くて行けないすべての患者さんへ

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 院長の麻酔技術 » 喜びの声


コールバック予約

PAGE TOP