トップへ » 院長の麻酔技術 » 静脈内鎮静法・麻酔法 » 点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になってきます

点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になってきます

静脈内鎮静法静脈内鎮静法は、精神安定剤を静脈に点滴していく方法です。使用する精神安定剤は数種類を組み合わせます。

点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になってきます。体が温かくなってきて、ちょうどいい湯加減の温泉につかっているような、あるいは、快適なベッドの中でぬくぬくとまどろんでいるような感じになります。

その後、1~2分もすると眠気が強くなってきて、ついには眠ってしまいます。患者さんによって、あるいは状況によっては意識を残すこともあります。

当然ながら、治療に伴う痛みや不快な音などは、まったくといっていいほど気にならなくなり、文字通り「いつの間にか治療を終えてしまう」といった状態になります。術中のことを全く憶えていない患者さんも少なくありません。

意識を残した場合は、声をかけられればちゃんと反応します。うとうと眠ってはいるけれど、答えることができるというわけです。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 静脈内鎮静法・麻酔法 » 点滴を始めると、間もなくリラックスした状態になってきます


コールバック予約

PAGE TOP