トップへ » 院長の麻酔技術 » 静脈内鎮静法・麻酔法 » 静脈内鎮静法の流れについて

静脈内鎮静法の流れについて

【1】まず静脈から点滴をします
まず静脈から点滴をします。場所は主に腕ですが、患者さんによっては手の甲など他の部分にすることもあります。

点滴をする際の静脈注射に対する痛みを完全になくすことはできないのですが、使用している注射針がきわめて細いため、「注射が怖い」という患者さんでさえ、さほどつらくないということがほとんどです。

【2】点滴がスムーズにいっていることを確認できた時点で、精神安定剤を注入
静脈内鎮静法点滴がスムーズにいっていることを確認できた時点で、精神安定剤を注入していきます。薬品の量は患者さんの様子を見ながら調節していきます。

その際、患者さんの「歯科治療への恐怖の度合い」によって、完全に眠った状態にするか、軽く受け答えのできる状態のいずれかにします。

【3】その後、必要に応じて局所麻酔を行います
患者さんが完全に痛みなどを感じなくなったことを確認した後で、必要に応じて局所麻酔を行います。笑気吸入鎮静法と同じく、静脈内鎮静法も麻酔効果は得られないためです。

治療がスタートした後も、患者さんの心拍や血圧などのデータをリアルタイムでチェックしながら、万一の場合に備えます。たとえ患者さんの状態が急変しても、対応できるような準備を万全にしておくのです。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 静脈内鎮静法・麻酔法 » 静脈内鎮静法の流れについて


コールバック予約

PAGE TOP