トップへ » 院長の麻酔技術 » 全身麻酔法 » 全身麻酔法の流れ

全身麻酔法の流れ

血圧計や心電図などのモニター機器をつけてから、点滴をはじめます

▼

次に全身麻酔機のマスクを口元に添え、酸素を吸入します。
そのうえで点滴に麻酔薬を混ぜます。ほどなく体の力が脱けて、リラックスした状態のまま眠りにつくことができます。その後、マスクに吸入型の麻酔薬を混ぜて、のどの奥に酸素を送る管をつけ、患者さんの状態を確認したうえで、歯科治療をはじめます。

この時、意識がもうろうとしているだけで、実は深く眠っている状態ではない場合があるので、脳波のモニタリングによって本当に眠っているかどうかを判断するようにしています。

▼

きわめて快適な状態のまま、治療をすることができます
全身麻酔法には、笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法と違って、原則的に局所麻酔は必要ありませんが、痛みのストレスを軽減する目的で局所麻酔も併用します。ただし、体が脱力状態になって気道がふさがってしまうため、人工的に気道を確保しなければなりません。しかし、それが鎮静状態や緊張緩和状態の妨げになることはなく、きわめて快適な状態のまま、治療をすることができます。

治療を終えて麻酔の薬をストップすると、次第に意識が戻ってきます。同時に脱力していた体に力が戻ってきます。

▼

治療後はクリニックでゆっくり休んでいただきます
全身麻酔の場合は意識が戻った場合もまったく普段通りに醒めるまでには少し時間が必要になります。その間はクリニックでゆっくり休んでいただきます。

全身麻酔の場合も、歯科治療恐怖症の方はもとより、全身疾患をお持ちの方、心身障害がある患者さんなどに効果があります。

全身麻酔も、短期集中治療においては保険治療の対象外となります。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 全身麻酔法 » 全身麻酔法の流れ


コールバック予約

PAGE TOP