トップへ » 院長の麻酔技術 » ご家族の皆様へ » 歯科恐怖症のご家族をお持ちの方々へ

歯科恐怖症のご家族をお持ちの方々へ

歯科恐怖症が発症する状況として
・男性ではあるが、幼少期に歯科での無理やりの治療を経験し、想像するだけで手が震えるようになってしまった・・・仕事は経営者としてバリバリに頑張っているが、歯が原因で、ハンデを背負ってしまっている。

・歯科治療でセクハラにあい、それ以降、男性の歯科医師に治療を受けることが怖くなって通えなくなった

・歯の型取りが本当に苦手で、過去に歯科医院で嘔吐してしまった。それ以降、歯医者さんに恥ずかしくて通えなくなり、前歯の治療が途中にも関わらず、どうしてよいか分からなくなった。

・前歯の仮歯もボロボロになり、取れてしまったものを自分自身でなんとかボンドでつけて過ごしているが、旦那さんにもその状況を告白できず、常に口を手で隠し、食事を伴う同窓会にも出席できなかった人生が本当になさけなく、健康な歯が欲しくて、欲しくてたまらなくなったけれど、同時に恐怖心に縛り付けられている

糖尿病などの全身疾患を複数併発しており、歯を支える骨も少なくなり、多数の歯科医院で治療を断られた。次の所でも嫌な想いをするのかと思うと、次第に歯医者さんから足が遠のき、歯の病気がどんどん深刻化してきた。

など、一口には考えられないほど、患者さまごとに様々な理由や悩みを抱えてご来院になられます。


当院での歯科治療につきまして
当院は、全身麻酔法・静脈麻酔鎮静法など、そのような恐怖心に悩み続けた患者さまが歯科治療を受けることができるクリニックとしてお選びいただいております。
通常との治療とは異なり、沢山の時間が必要となる他、特殊な麻酔などを多用するため、残念ながら保険診療では実施することが難しいのですが、長きにわたり悩みつづけた症状から解放された患者さまが手に入れるものは、ただの美しい歯ではなく、新しい人生ともいえる程のインパクトをお持ちになられることも少なくはありません。
当院では、治療の必要性や根拠、費用などを可能な限り透明化して、分かりやすく事前にお伝えすることに真摯に取り組んでいます。

大切なご家族の未来を是非、皆さまの心のサポートで温かく応援して差し上げていただければ幸いです。

ご本人でなくとも、当院ではご家族の方に対しても、可能な限りご質問等に応じさせていただきます。
歯科恐怖症になやみ、可能な限り痛くない快適な治療を求められる患者さまにとって、一助になりましたら幸いです。
是非一度、お気軽に当院までお問合せください。


トップへ » 院長の麻酔技術 » ご家族の皆様へ » 歯科恐怖症のご家族をお持ちの方々へ


コールバック予約

PAGE TOP