トップへ » 院長の麻酔技術 » 院内インテリア » ホテルのロビーのような院内。治療室の音が聞こえてこない個室

ホテルのロビーのような院内。治療室の音が聞こえてこない個室

患者さんに安心して来てもらいたい、患者さんをあたたかく迎えたいという思いがあるのなら、クリニックの「門構え」は清潔であることが大前提です。

自動ドアにプリントされたクリニックの名称などが目隠しになるので、内部が丸見えにはなりません。しかし、それとなく中の様子がうかがえるようになっています。

受付

ドアのすぐ横には飾り窓をつくり、そこにやわらかな色彩のライトアップ
ビルの中がどうしても硬質な印象なので、少しでもやわらかな癒し効果を出せればと考えました。

清潔感を保つようにしています
ドアの前を含め、周辺をくまなく掃除して、患者さんが触れる自動ドアのOPENボタンなどは、特にきれいに拭くようにしています。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 院内インテリア » ホテルのロビーのような院内。治療室の音が聞こえてこない個室


コールバック予約

PAGE TOP