トップへ » 院長の麻酔技術 » 時間を守ります » 予約時間ピッタリに。終了時間もお伝え

予約時間ピッタリに。終了時間もお伝え

予約をしたにもかかわらず待たされた経験のある人は、決して少なくないはずです。私たちは誰でも、自分にとってイヤな時間というのはとても長く感じるものです。待っていたのがたとえ3分、5分だったとしても、患者さんにしてみれば1時間や2時間に匹敵するような感覚なのです。

予約時間

患者さんの勇気をくじくことなく、気持ちよく迎えるためには、予約時間ぴったりに診察室へご案内することが重要だと思います。

たいていの患者さんが予約時間の少し前にやってきますから、私たちもその分を考慮したうえで予約スケジュールを調整します。ですから、たとえ早目に来ても、待合室で待つことなく、すぐに診察室へと入っていただけるのです。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 時間を守ります » 予約時間ピッタリに。終了時間もお伝え


コールバック予約

PAGE TOP