トップへ » 院長の麻酔技術 » 納得できるカウンセリング » プランを実行するかどうかは患者さん次第です

プランを実行するかどうかは患者さん次第です

「信頼関係」なくして、本当の無痛歯科治療はありえません。少なくとも、それが私の提唱する無痛歯科治療であり、私自身のポリシーと言えます。

カウンセリング

みなさんもよくおわかりのように、信頼関係というものは、それほどたやすく結ばれるものではありません。性格による個人差はあるものの、ある程度時間も必要ですし、何よりお互いに心を開き、相手を受け入れようという姿勢が重要です。

無痛歯科治療における初診はカウンセリングからスタートしますが、そのために割く時間は最低でも1時間半と設定しています。

カウンセリングを始めると患者さんの口をついて止めどなくあふれ出します
プロフィールそして、実際にクリニックを訪ねてカウンセリングを始めると、ある時点から堰を切ったように、心の中に閉じ込めていた悩みや悲しみ、苦しかった経験などが、患者さんの口をついて止めどなくあふれ出します。

そんな時は、多くの患者さんが、泣いてしまわれます。その涙は、これまで抱え込んできたつらい思いを洗い流すために必要な涙です。私たちは決してそれをさえぎることなく、患者さんの思いをまるごと受け止めるようにしています。

そうして患者さんの気が済むまで話していただくわけですが、患者さんが思いを出し切って、「もうこれてすべて話しました」と納得されるまで、何時間でもお付きあいします。これまでの最長は4時間でしたが、それ以上になろうとも、とことん患者さんにお付きあいをする覚悟です。

カウンセリングでは、基本的には「聞くこと」に徹しはします。しかし、「歯科治療が受けられなかったのは、何も患者さんが悪いわけではない」「極端な怖がりだったり、わがままなわけではない」ということも、きちんとお話します。

患者さん自身が自己否定をしてしまっているのです。自分を肯定できずにいると、治療をする自信もなかなか湧いてきません。治療への一歩を促すために、まず私たちが患者さんを肯定し、患者さんが単なる怖がりでも、わがままでないことを教えてあげるのです。

ちなみに、このカウンセリングは料金はかかりません。初診で必要なのは初診料とレントゲン撮影料や指導料などで、「カウンセリング料」というものは設定していません。これはどんなに長時間に及んでも同じです。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 納得できるカウンセリング » プランを実行するかどうかは患者さん次第です


コールバック予約

PAGE TOP