トップへ » 院長の麻酔技術 » 納得できるカウンセリング » 患者さんの歯の状態を目に見える形にします

患者さんの歯の状態を目に見える形にします

カウンセリングカウンセリングで患者さんが心を開いてくれた時点で、お口の中の状態を見せていただきます。その際、必ず「診てもいいですか?」ということを確認します。

患者さんのできる範囲で診察を行った後で、レントゲン写真の他、写真画像などを使いながら、歯や歯ぐきがどうなっているかを説明します。

ていねいに説明していくことによって、なんとなく眺めていたレントゲン写真や口腔写真は、患者さんにとっても意味のあるものになっていきます。つまり、歯の状態、口の中の状況が、しっかり目に見える形になるのです。

この時点で、患者さんはあらためて自分の口腔内と向き合うことになります。ほとんどの方が長らく放置せざるをえなかったために、深刻な状態になっています。

つらい現実を突きつけるようで申し訳ないのですが、事実を事実としてまず受け入れなければ、今後の対応、つまり治療をすることはできません。ひるがえっていえば、ここが具体的な治療のスタート地点なのです。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 納得できるカウンセリング » 患者さんの歯の状態を目に見える形にします


コールバック予約

PAGE TOP