トップへ » 院長の麻酔技術 » 納得できるカウンセリング » 患者さんと二人三脚でつくりあげる納得の治療プラン

患者さんと二人三脚でつくりあげる納得の治療プラン

プロフィールどこにどのような問題があるのか現状を把握できると、おのずと治療のプランを導き出すことができるようになります。プランを立てる際も、患者さん自身の意思を尊重し、二人三脚で行うようにします。

とはいえ、患者さんに歯科治療の知識があるわけではないので、最初に私がモデルプラン的なものを打ち出します。患者さんの状態を把握した上で、どのような治療が望ましいか、その治療に使う材料の材質は何が適しているか、ということまでプランニングします。ただ、これは私側、つまり医師の立場から考え出したプランであり、料金や患者さんの希望まで反映しているわけではありません。

歯科治療の苦痛を可能なかぎりなくし、回数を少なくしたうえで、よりよい材質のものを使って治療するとなると、どうしても保険治療の範囲では制限が多すぎて対応できなくなってしまいます。治療後のことも見越したうえで、患者さんの求める料金と治療の質とを天秤にかけながら、いくつかある選択肢の中から最善の案を導き出します。

ここで綿密に話し合いながら、患者さんと一緒にプランを立てていくことも、信頼関係を築くためには大切です。

ただし、初診で立てるプランは、最終決定ではありません。現在のところおおむね最初のプラン通りの治療になっていますが、実際に歯の内部を見てみたら思った以上に悪化していたとか、途中で患者さんの考えが変わったという場合など、途中経過での変更はあります。そのあたりは患者さんに納得いただけるように説明しながら、臨機応変に対応していくようにしています。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 納得できるカウンセリング » 患者さんと二人三脚でつくりあげる納得の治療プラン


コールバック予約

PAGE TOP