トップへ » 院長の麻酔技術 » 日帰り治療 » 日帰り治療もご用意しています

日帰り治療もご用意しています

静脈内鎮静法では、まだ恐怖感を抑えきれない患者さんや、1回あたり多数の歯科治療や、長時間の歯科治療が必要になる場合など、より眠りを深くして苦痛を全く感じないようにして行えます。

術前に検査や絶食の指示があります。歯科麻酔専門医が全身を管理しますので、安全に安心して歯科治療を受けて戴くことができます。

日帰り全身麻酔

全身麻酔
全身麻酔機ほとんどの方は「全身麻酔で行う歯科治療なんてあるの?」と思われますよね。当医院では、治療に対して不快感・恐怖感が強い方など、多くの患者さんが全身麻酔(日帰り)で治療を受けられています。

一般的には、入院施設のある病院でないと全身麻酔を取り入れた治療はあまり行っていませんが、当医院では『無痛歯科治療』を積極的に取り入れた診療システムを用意しております。

全身麻酔ですから、歯科治療に伴う不快感(痛み、治療時間、嫌な音、臭い、味など)を全く感じることなく、意識のない状態で治療を終えることができます。また、長時間の治療も苦痛を感じることがないので、一度に多くの治療を行える為、通院回数が少なくすむことも大きな特徴です。

この麻酔法は、術前の準備としていくつかの検査が必要です。治療当日は、麻酔専門医が患者さんの全身状態を絶えずチェックしています。血圧や脈拍などの循環状況や呼吸、体温などを継続して確認することにより、非常に安全に麻酔を受けていただくことができます。

全身麻酔の流れ
【1】治療を開始する前に、血圧計や心電図などのモニター機器をつけ、点滴を開始します。
【2】全身麻酔の際には、口元にマスクを添え酸素を吸入してもらいます。
   点滴に麻酔薬を混ぜるとすぐに眠ります。
【3】全身麻酔中は、息の通り道をささえる力が弱くなり気道がふさがってしまうため、
   人工的に気道を確保しながら治療を行います。
【4】治療終了後、麻酔の薬を止めると次第に目が覚め、全身に力が戻ってきます。
【5】麻酔から醒めるまで医院で休んでいただきます。

静脈内鎮静法や全身麻酔法の特徴
●気分が落ち着く
●痛みなどを含め治療中のことを覚えていない(健忘効果)
●治療時間が短く感じられる
●精神的な緊張が和らぐことで血圧や心拍数など循環器にも優しいため、
 全身疾患をお持ちの方でも安心して治療が受けられる。
●嘔吐反射が強い患者さんも、治療中の吐き気(えづき)を抑え、楽に治療することが出来る。
 心身障害などをかかえていて理解や協力ができず、一般の歯科医院ではなかなか治療ができなかった方も、
 眠った状態で一度に治療やお掃除をすませてしまうことも可能。
 などの効果が得られるため、幅広い対応が出来るようになりました。


トップへ » 院長の麻酔技術 » 日帰り治療 » 日帰り治療もご用意しています


コールバック予約

PAGE TOP