トップへ » 治療について・治療の流れ » 矯正歯科治療

矯正歯科について

矯正歯科今まで歯ならびや口もとを気にして、ずっと悩んでいたのではないでしょうか?私たちは「キレイな歯ならび」で「美しい笑顔」になるために、一歩踏み出した前向きなあなたを、全力でサポートいたします。

歯の健康を考えながら矯正治療
当院の矯正治療はスーパーバイザーDr.保田の監修により行います。

歯並びだけでなく、矯正治療に伴う抜歯及び歯ぐきの病気や、ムシ歯治療も同時に行っていきます。 咬み合わせの状態を正すなど、口もとの健康をトータルに考えて矯正治療を行い、口元の悩みを根本から解決して、健康できれいな歯、はじけるような笑顔への道をお手伝いします。

矯正治療とは
悪い歯並びや咬み合わせをきちんと噛み合うようにする治療です。矯正治療の最終的な目標は、単に美しい自然の歯並びをつくりあげることにあるばかりでなく、食 事から栄養を効率よくとることや発音を明瞭にすることなど、上下の歯の咬み合わせをつくり上げ、ムシ歯や歯周病になるのを防ぎ、健康で美しい歯をつくることにあります。

■矯正のメリット
【1】見た目が改善する。
【2】歯並びが良くなることにより、プラークコントロール(歯磨きなど)がしやすくなり、
   その結果ムシ歯や歯周病の予防につながり、歯の寿命を延ばすことが可能になる。
【3】発音が良くなったり、咀嚼率(噛み砕く能力)が上がったりする。
【4】外見的容姿に対する劣等感がなくなり、心理的に良い影響を与えることもある。

■矯正のデメリット
【1】多くの時間、費用がかかる。
【2】矯正期間中、一時的に見た目が悪くなる。
   (矯正装置が見えたり、一時的に歯並びが悪い状態になったりする)
【3】必ずしも理想の歯並びになるとは限らない。
【4】矯正中は歯の手入れを怠らないようにし、注意深く歯のケアを行わないとムシ歯が出来てしまう場合がある。
【5】矯正によって歯の根が溶けてしまう(歯根吸収)ことがある。万が一、重度の歯根吸収が
   起こった場合には、矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になることもある。

矯正治療の種類

矯正治療法には、いくつかの方法があります。

矯正歯科ワイヤー矯正
ワイヤー矯正は歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。一般的に「矯正」と言う場合は、この方法です。

ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないので見た目があまり良くありませんが、ブラケットには金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミックで出来たものもあります。

矯正歯科舌側矯正
舌側矯正(リンガルブラケット)とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。

最も目立たない方法ですが違和感が強いこと、治療期間が長くなる傾向があること、歯を並べることが難しくなること、治療費が割高になる(約1.5倍)ことなどのデメリットもあります。

インプラント矯正
矯正用インプラントを用いて、歯を動かす方法です。

>>インプラント矯正についての詳細はこちら

クイック矯正(補綴的矯正)
クイック矯正(補綴矯正)とは、ラミネートベニアやクラウンなどの人工の歯(補綴物)を使用することによって、2週間程度で歯並びを良くする方法ですので、厳密には矯正法とは呼べないかも知れません。

クイック矯正の最大のメリットはその名の通り、通常だと長期間かかる見た目の異常がほんの数週間で終わるということです。しかし、場合によっては健康な歯を削ったり、歯髄(歯の神経)を取ってしまったりすることもあり、行う際には充分に話し合ってから決める必要があります。

矯正歯科マウスピース矯正
ワイヤーを使用しないため、従来の矯正器具に比べると見た目は付けているのがほとんどわかりません。透明のマウスピースを使用する方法で、約2週間毎に新しいマウスピースに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。

「矯正の装置をつけることに抵抗がある」「仕事上、装置をつけることが出来ない」そういった場合に、透明なプラスチックのマウスピース状の装置を使用して治療が行えます。

●実際にお口の中に装着した状態です
矯正歯科

外科的矯正
通常の矯正だけでは充分な治療結果が期待できない場合には、顎骨を外科的に手術で切って動かす「外科矯正」が行われることがあります。入院(3週間程度は必要)した上で、本格的な手術が必要になります。大きな治療効果が期待でき、保険が適応となる場合があります。

矯正歯科Q&A

矯正歯科でよくある質問をまとめました。皆様のご参考になれば幸いです。

【Q】矯正歯科での治療は痛いのですか?
【A】ムシ歯などの歯科治療は痛みなど何らかの不快な症状から始まります。しかし、歯科矯正での治療は治療前にはなかった違和感や痛みを伴うことがあります。インプラント矯正の手術は、少量の表面麻酔と局所麻酔で、思っていた以上に痛みは少ないです。また手術時には無痛治療での対応も可能です。

【Q】矯正歯科の場合どのくらいの間隔で通院するのですか?
【A】症状にもよりますが、月に数回の場合もありますが、概ね1ヶ月ごととなることが多いようです。

【Q】抜歯はするのですか?
【A】矯正歯科治療において必ずしも抜歯となるということではありませんが、やむを得ず抜歯が必要という事があります。インプラント矯正では、通常抜歯が必要な場合でも、非抜歯で行える可能性もあります。

【Q】どのくらい期間がかかるの?
【A】その方の症状によりますが、患者さんの8割の方に、8ヶ月で、80%の仕上がりまで治療する事が可能といわれていますが、治療期間は、それぞれの方で違います。インプラント矯正を用いた場合は、2/3から半分くらいに治療期間が短縮する事もあります。相談してから始めましょう。

【Q】矯正歯科の装置をつけている時のストレスは?
【A】最初に装置をつけたとき、違和感を多くの方が感じるでしょう。しかし、時間と共になれていくことが多いようです。ストレスを感じるか否かは個人差があります。

【Q】裏側の矯正と表側の矯正の違いは?
【A】裏側の矯正は、表面上見えないという最大の利点があります。よって、表側の矯正に比べると見えないことを最優先される方に適しています。しかし、表側の矯正の方が、治療期間が短縮する場合がほとんどです。よって表の矯正の方が早く終わるのならば、表の矯正を選択される方も多いです。裏側の矯正では、費用も約50%アップします。

【Q】大人でも矯正できますか?
【A】矯正歯科治療は子供の頃に行うものとお考えの方も多いと思いますが、矯正歯科での治療技術も進歩し現在では成人の方でも無理なく行えるようになりました。よって現在では、子供から大人まで矯正治療を受けておられます。当院では成人の矯正が多数を占めます。ただし、歯周病対策が必要です。

【Q】治療後にまた不正咬合が再発するということはありませんか?
【A】矯正治療は術後の後戻りをおさえる「保定」という治療も含みます。無理のない治療方針で、きちんとした保定を行えば、後戻りを抑制できます。個人差もありますので、経過を観ていく必要があります。

カテゴリー一覧

歯医者さんに怖くて行けないすべての患者さんへ

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 治療について・治療の流れ » 矯正歯科治療


コールバック予約

PAGE TOP