トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯周病治療

【歯周治療】歯を失ってしまう怖い病気

こんな症状はありませんか?
●歯肉のはれがある
●歯肉から出血がある
●歯のぐらつく

歯周病とは歯周病菌が増えることにより起こる病気
歯周病とは、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットにたまった食べカスなどを栄養として、歯周病菌が増えることにより起こる病気です。

歯周病菌が増えることで歯肉に炎症が起こり、そのまま放置してしまうと、歯の奥まで菌が広がって歯ぐきや骨が溶かされていき、歯を失ってしまうことにつながるのです。

初期段階の歯周病は、ほとんど自覚症状がありません
気をつけていただきたいポイントが、初期段階の歯周病は、ほとんど自覚症状がないということです。「歯がグラグラする」、「歯ぐきから血が出る」というような自覚症状が出る頃には、かなり進行してしまっているケースも多いのでご注意ください。

適切なメンテナンスを続ければ歯周病は改善できます
歯周治療

歯ぐきの縁が腫れていた状態から、引き締まった状態に変化してきました。この状態を維持していけば、歯を無くすことなく健康な状態が続けられます。そのためにはメンテナンスが必要です。

歯周治療の進め方

歯周治療歯周精密検査
必要な情報と正確な診断があって初めて歯周治療を行います。1人1人の患者さんに、この検査結果を説明し、プリントしてお渡しします。

next

歯周治療ブラッシング
歯ぐきの炎症の原因であるプラーク(歯垢)を歯ブラシなどを使ってきれいに除去します。

next

歯周治療スケーリング
歯石の除去を行っていきます。 歯石は、細菌の温床です。これを除去することで、歯周病の進行をストップさせます。

next

歯周治療PMTC
歯の治療効果を少しでも持続させるためには歯の表面の研磨を行います。

next

歯周精密検査
これまでの治療効果を再確認するためにもう一度歯周検査を行います。ここでの状態がよければ、このあとメンテナンスを継続していきます。改善の見込みが少ない場合は、歯周病の外科手術を行う必要が出てきます。

カテゴリー一覧

歯医者さんに怖くて行けないすべての患者さんへ

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP