トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯冠修復(歯の被せ・詰め物)

歯の詰め物・被せ物

歯科治療において残念ながら、人工の材質で修復しなければならなくなった場合、天然歯に近い色合いや耐久性を持つ人工歯や詰め物をご提供しています。また、金属アレルギーの問題や費用面を考えた、お一人おひとりに合った最適な素材をご用意しています。

整った白くて美しい歯を手に入れて、心からの笑顔を取り戻しましょう。

●オールセラミック
●ラミネートべニア(前歯)
●ハイブリッドレジン(前歯・奥歯)

オールセラミック

時がたち、変色して、臭いも気になってきた被せものや、神経を取ってしまって変色してきた前歯。そんな歯を白くするためには、すべてがセラミックでできたクラウンを使っていきます。

オールセラミック

審美性、耐摩耗性に優れるため、本物の歯に近い質感を出しやすい最高の材料です。長期間経過しても色や艶の変化はあまり見られません。歯の材質には、セラミックのみを使うため、アレルギーなどの心配がありません。

プロフィール※アルミナタイプとジルコニア(ブリッジにも使用可能)の2種類の材質があり、欠損歯数や色調に応じて使い分けます。

※ジルコニアは、人工ダイヤの「ジルコニア」フレームに、セラミックを焼き付けて作る歯です。

ラミネートベニア

自分の歯の表面を少しだけ薄く削り、そこに歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。材料は一般的にはセラミック(ポーセレン)などが使用されます。

 ●歯の形や、長さの違いが気になる場合
ラミネートべニア

 ●前歯のすき間が気になる場合
ラミネートべニア

ラミネートべニア何色もの材質を付け爪のように使用し、隣の歯に合わせていきます。ラミネートベニアは歯の前面全てを覆いますので、どこを修復したのか見分けがつきにくくできます。このケースでは左右の長さと傾きのズレを補正してます。また1人1人に合った色調を選んで、対応します。

歯の色は人によって様々で、色あわせなどに慎重な対処が必要です。

メリット
●色だけでなく、形(すきっぱなど)も短期間で修正可能
●色が元に戻ることはない
●ホワイトニングでの「白」よりもっと白くできる
●生まれつき色が濃い歯でも、短期間で白い歯になる
●削る量が少ない

デメリット
●自分の歯を削らなくてはならない
●使っていくうちに貼り付けたところが割れたりすることがある
●ホワイトニングに比べて高価

ラミネートベニアは、自分の歯を少し削る必要があります。歯のホワイトニングよりもかなり白く、少しの歯並びの修正であれば、矯正による治療よりもはるかに短期間(概ね2~4回)でキレイな歯並びと真っ白な歯を手に入れることができます。

ハイブリッドレジン

今まで治療してきた歯、どのようになっているか気にされたことはありませんか?

ハイブリッドレジンアマルガム
水銀が入っていて、徐々に欠けて体内に蓄積されてしまい、アレルギーの原因と考えられています。

ハイブリッドレジンインレー
金属色が目立つ。天然歯より硬く、精度が低いため、ムシ歯になりやすい。金属アレルギーを起こす原因にもなる。

ハイブリッドレジンコンポジットレジン(保険用材料)
歯に近い色であるが、材質的に弱く、変色が目立つ。天然歯とのすき間からムシ歯が再発しやすい。(写真:変色および、歯との間の微細な隙間が目立ってきている)

白い歯 ーハイブリッドレジンー
ハイブリッドレジン1.自分の歯に近い色を選べるため、自然で目立たない
2.歯に近い硬さなので、自然な噛み心地
3.金属アレルギーの心配がない
4.通常のセラミックより安価

歯の修復を長期に維持・安定させるには
1.歯の硬さに近い材質の物を選ぶ
2.精度をできる限り追求し、精密生の高い修復処置を行う

ハイブリッドレジン

前歯ではより自然な色と形を作ることにより、人工物であることがわかりません。

カテゴリー一覧

歯医者さんに怖くて行けないすべての患者さんへ

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯冠修復(歯の被せ・詰め物)


コールバック予約

PAGE TOP