トップへ » 治療について・治療の流れ » インプラント » インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラントと他の方法を比較して説明します。
入れ歯(部分入れ歯)の場合
インプラント入れ歯のメリット
● 一般的な治療なので、比較的簡単に受けられる
● ブリッジのように健康な歯を大きく削られなくて済む
● 保険の範囲内でも治療ができる(自費の入れ歯もあります)

入れ歯のデメリット
● 装着時に違和感を生じやすい
● 思うように発音できない場合がある
● 安定した噛み心地が長期維持できない場合がある
● 固い食べ物では苦労する場合がある
● 食後に毎回はずして、清掃の手入れが必要
● 顎の骨や歯ぐきの形態が変化し、安定感が悪化する
● 長期間の使用により顎の骨が退化する恐れがある
● 歯ごたえのある食事がしにくい
● 部分入れ歯の場合、固定のバネ(金属)が目立ってしまう

ブリッジの場合
インプラントブリッジのメリット
● 自分の歯と同じような外観を回復できる
● ある程度、自分の歯と同じように食事の時、噛むことができる
● 咬み合わせを回復することができる

ブリッジのデメリット
● しっかりした歯が両側にないと治療できない
● 歯の抜けた部分の骨が次第に痩せていくことがある
● ブリッジを固定するため、周囲の健康の歯を削らなければならない
● 土台にする歯に負担がかかりやすい(咬合圧の負担が大きい)
● 歯周病になりやすい

インプラントの場合
インプラントインプラントのメリット
● 自分の歯のような外観に回復できる
● 長期間、安定した咬み合わせをたもつことができる
● 失った歯が多くても、噛む能力を回復できる
● 自然の歯と同じような機能を期待できる
● 顎の骨が衰えるのを防ぐ

インプラントのデメリット
● 治療期間が長くなる
● 高額な費用を要することがある
● 熟練度、滅菌システム、精度の高い作業を要します
● 手術が必要


トップへ » 治療について・治療の流れ » インプラント » インプラント治療のメリット・デメリット


コールバック予約

PAGE TOP