トップへ » 治療について・治療の流れ » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ
インプラント1.診査・診断・前準備

2.口腔内診査・レントゲン・CT・口腔内模型等の診断用の資料をとります
※ 当院で歯科用CTの撮影をいたします。

3.治療方針の説明
上記の資料をもとに、インプラントをどの場所に埋入するか、咬み合わせをつくるまでの手順、それに要する期間や費用などの説明を行います。

next

インプラントの埋入手術
インプラント局所麻酔下にて、インプラントを顎の骨の中に埋め込みます。骨の状態によっては同時に骨の造成が必要なこともあります。手術は静脈内鎮静法を用いて、不安や 恐怖感を抑え、血圧、心電図、酸素分圧等の測定をしながら、慎重に行います。

「手術は受けたいのだけども、怖くて......」と思われる方も安心して受けていただけます。

所要時間は30分~1時間半程度です。術後は少々安静にして頂きたいですが、入院は必要なく、 普通の生活をして頂いて結構です。

next

インプラントが骨に結合するのを待つ期間
インプラントインプラントの種類と方法によっては、手術後すぐに仮歯を被せて咬み合わせをつくることもありますが、多くは暫くの間、骨に結合するのを待つための治癒期間をおきます。個々の状態によって数週間から半年位の幅があります。

next

咬み合わせの構築
インプラントインプラントおよび周囲の歯の型を採り、人工の歯を作製し、口腔内にとりつけ、咬み合わせをつくります。治療の内容によっては、この段階でまず仮の歯を作製し、他の歯とともに口の中での調整をはかってから、最終的な咬み合わせをつくることもあります。

next

インプラントの寿命について
インプラント基本的には、長期にわたって使うことが出来ます。インプラントの10年後の生存率は平均で95%と言われています。但しこれは平均寿命であって、定期的なメインテナンスを受けることで、この日数をのばせることは可能です。

万一、インプラントを不幸にして撤去する場合でも、再度骨を増やしたりする処置を行ってインプラントを埋入することが可能です。もちろん、そのようなことがないように定期的なメインテナンスを受けることも重要です。

>>価格についてはこちらから


トップへ » 治療について・治療の流れ » インプラント » インプラント治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP