トップへ » 治療について・治療の流れ » インプラント » インプラント治療を受けた後で

インプラント治療を受けた後で

歯科治療は特殊?
歯科の治療において、「治る」というのは、実は内科や整形外科において治療して「治る」というのとは意味が違います。

歯科治療では、一度悪化した部分は、基本的には元に戻りません。お入れするものは、自然の歯とはちがって、人工の修復物だからです。つまりムシ歯になる前と同じ状態に戻ったわけではありません。わかりにくいでしょうから、ちょっと例を挙げてみましょう。

インプラント

たとえば患者さんが骨を折ってしまった場合でも、ギブスをしておけばそのうち自然に骨がくっついて、元の状態に戻ります。元に戻りさえすれば、もう通院しなくても、普通にしていれば折れたりしません。

また風邪をひいたとき、内科で検査や投薬をうけて、数日後には体調は元通りになったというのも、「治る」と表現します。これが「治る」というイメージだと患います。

ですから患者さんはそういう感覚で、歯も治療をしたら完全に元通りに戻る、という風に錯覚してしまいがちです。

でも、それは正しくはありません。

歯の場合、治療したという表現は、完全に元に戻ったのではなくて、人工の材料をつめて、修理・修復しただけです。ムシ歯にかかる前の健康な状態と、人工物で修復された治療後を比較すると、修復後ではつめものと、元々の歯との間には、ミクロのスキマができてしまったので、バイキンが入りやすい、弱い歯になってしまったと言えます。天然の無傷の歯に優る人工物はありえません。

メインテナンス(定期検診)
機械類は定期的に油を注さなければ、このように使い物にならなくなってしまいますよね。歯も、これと同じなんです。人工物を体の中に入れたら、必ず定期的な検査やお手入れが必要なのです。

『できれば、した方がいい』、ということではなくて、『しなければ、どんどん悪くなっていってしまう』のです。

インプラントほとんどの方は、歯が悪くなってから来院されます。悪くなった場合は、健康な状態に戻すことは歯科の場合まず不可能です。お手入れができていなければ、歯を失っていくのは明らかです。ムシ歯や、歯周病がおこってくるからです。

特に歯周病は、自覚症状がないまま進行する病気ですので、ご自分で『おかしいな』とお気付きになった頃には、既に抜歯が避けられない段階まできていた、ということも多いんです。ということは、すでに手遅れということになります。

そうなると、今回よりもっと苦痛を伴ないながら、今まで以上に通院やその他の労力を使いながら、長時間の大変な治療を受けて頂かなくてはなりませんし、費用もかかってきます。何よりも、大切な自分の歯がなくなるという代償が、もっともつらいことです。

これは歯だけの問題ではなく、体の色々な部分に、悪影響が出てきます。手や足、仮に指1本でもなくなると、社会的には障害者として認定されます。歯も大切な臓器である以上、歯が無くなることは障害と考えても、不思議ではありません。(たとえば百獣の王ライオンでも、歯の喪失はただちに生を奪うことになります)。

ただ、定期的なお手入れとして(例えば3ケ月に1度)、メインテナンスに通って下さいましたら、この歯を一生使えるように、チェックさせて頂きます。

これは治療ではありませんので、お痛みなどはございません。むしろ気持ちのいいクリーニングですのでご安心下さい。


トップへ » 治療について・治療の流れ » インプラント » インプラント治療を受けた後で


コールバック予約

PAGE TOP