トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯周病治療 » 【歯周治療】歯を失ってしまう怖い病気

【歯周治療】歯を失ってしまう怖い病気

こんな症状はありませんか?
●歯肉のはれがある
●歯肉から出血がある
●歯のぐらつく

歯周病とは歯周病菌が増えることにより起こる病気
歯周病とは、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットにたまった食べカスなどを栄養として、歯周病菌が増えることにより起こる病気です。

歯周病菌が増えることで歯肉に炎症が起こり、そのまま放置してしまうと、歯の奥まで菌が広がって歯ぐきや骨が溶かされていき、歯を失ってしまうことにつながるのです。

初期段階の歯周病は、ほとんど自覚症状がありません
気をつけていただきたいポイントが、初期段階の歯周病は、ほとんど自覚症状がないということです。「歯がグラグラする」、「歯ぐきから血が出る」というような自覚症状が出る頃には、かなり進行してしまっているケースも多いのでご注意ください。

適切なメンテナンスを続ければ歯周病は改善できます
歯周治療

歯ぐきの縁が腫れていた状態から、引き締まった状態に変化してきました。この状態を維持していけば、歯を無くすことなく健康な状態が続けられます。そのためにはメンテナンスが必要です。


トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯周病治療 » 【歯周治療】歯を失ってしまう怖い病気


コールバック予約

PAGE TOP