トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯冠修復(歯の被せ・詰め物) » オールセラミック

オールセラミック

時がたち、変色して、臭いも気になってきた被せものや、神経を取ってしまって変色してきた前歯。そんな歯を白くするためには、すべてがセラミックでできたクラウンを使っていきます。

オールセラミック

審美性、耐摩耗性に優れるため、本物の歯に近い質感を出しやすい最高の材料です。長期間経過しても色や艶の変化はあまり見られません。歯の材質には、セラミックのみを使うため、アレルギーなどの心配がありません。

オールセラミックの治療法には、材質の違いにより、純粋なセラミック素材の他、人工ダイヤモンドをもちいたジルコニア素材、ガラス素材を含むe-maxなどの種類があります。

セラミック治療は、選択する素材とその素材に対する加工の選択により、見た目の自然な白さを取り戻せ、歯の汚れを寄せ付けにくく、むし歯の原因となるプラークが付着しにくい状態が得られる一方、過度な噛み合わせがある方の奥歯、歯ぎしりが強い方の前歯などに用いた場合、破損、割れのリスクもあります。

事前に歯科医師の指示に従って、ナイトガードの処方などもご検討下さい。

プロフィール※アルミナタイプとジルコニア(ブリッジにも使用可能)の2種類の材質があり、欠損歯数や色調に応じて使い分けます。

※ジルコニアは、人工ダイヤの「ジルコニア」フレームに、セラミックを焼き付けて作る歯です。


トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯冠修復(歯の被せ・詰め物) » オールセラミック


コールバック予約

PAGE TOP