トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯冠修復(歯の被せ・詰め物) » ラミネートベニア

ラミネートベニア

自分の歯の表面を少しだけ薄く削り、そこに歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。材料は一般的にはセラミック(ポーセレン)などが使用されます。

 ●歯の形や、長さの違いが気になる場合
ラミネートべニア

 ●前歯のすき間が気になる場合
ラミネートべニア

ラミネートべニア何色もの材質を付け爪のように使用し、隣の歯に合わせていきます。ラミネートベニアは歯の前面全てを覆いますので、どこを修復したのか見分けがつきにくくできます。このケースでは左右の長さと傾きのズレを補正してます。また1人1人に合った色調を選んで、対応します。

歯の色は人によって様々で、色あわせなどに慎重な対処が必要です。

メリット
●色だけでなく、形(すきっぱなど)も短期間で修正可能
●色が元に戻ることはない
●ホワイトニングでの「白」よりもっと白くできる
●生まれつき色が濃い歯でも、短期間で白い歯になる
●削る量が少ない

デメリット
●自分の歯を削らなくてはならない
●使っていくうちに貼り付けたところが割れたりすることがある
●ホワイトニングに比べて高価

ラミネートベニアは、自分の歯を少し削る必要があります。歯のホワイトニングよりもかなり白く、少しの歯並びの修正であれば、矯正による治療よりもはるかに短期間(概ね2~4回)でキレイな歯並びと真っ白な歯を手に入れることができます。


トップへ » 治療について・治療の流れ » 歯冠修復(歯の被せ・詰め物) » ラミネートベニア


コールバック予約

PAGE TOP