トップへ » 治療について・治療の流れ » 親知らずの抜歯 » 抜歯(親知らず)

抜歯(親知らず)

はえきっていない親知らずが時々腫れたり痛んだり、また親知らずが横にはえていて、手前の歯がむし歯になっている。聞けば、大学病院でないと抜けないといわれて、どうしようかと悩んでいる。

親知らずは抜きたいけど、怖いし、また知人からはとてもつらいとおどかされるし心配。そんな悩みで困ってはいませんか?そんな方は一度当院に御相談下さい。

抜歯
横にはえている親知らずをそのままにしておくと、親知らずばかりか手前の歯までムシ歯になってしまいます。

抜歯
横に倒れていないものの、はえきらない親知らず。一度腫れると何度も繰り返し腫れる。

親知らずは何故抜かなくてはならないの?
抜歯もちろん普通にはえていて、普通に噛んでいる親知らずは無理に抜く必要はありません。ただ、親知らずは正しい位置にはえてくることがあまりなく、横にはえたり、はえきらなかったりすることがほとんどで、腫れたり、隣の歯までむし歯になることが多く、トラブルの原因になりがちです。

ですから、腫れて周囲の骨を溶かしたり、隣の歯がむし歯になる前に、ちゃんとはえていない親知らずは抜いてしまったほうが良いでしょう。また、年をとるとだんだん骨が硬くなりますので、若い健康なうちに抜いてしまったほうが良いでしょう。

親知らずを抜くのに時間がかかるの?
親知らずのはえている状態によって異なりますが、来院されてから帰るまで、大体1時間程度はお時間をいただきます。横にはえているような親知らずの場合、歯ぐきを切り、歯を二つに分け抜歯する作業が必要になるからです。

抜歯後の痛みや腫れはどうなの?
歯の生え方や骨の硬さなど、個人差があり予測がむずかしいのですが、一般的には抜いた後には腫れても当たり前です。腫れるというは、体の刺激に対する正常な反応であり、無理に抑える必要もありません。腫れのピークは2日程度で、その後は治まっていきます。痛みに関しても抜歯後1~3日はありますが、こちらで痛み止めを処方いたします。

親知らずを抜いている時に痛みはないの?
局所麻酔をいたしますので、麻酔が効いていれば抜歯中痛みに耐えていただくような事はありません。局所麻酔によって痛みの感覚はなくなりますが、押されるような感覚(触感)は残ります。麻酔はおよそ2~3時間は効いていますので、麻酔が切れてから食事をしたほうが良いでしょう。

抜歯後の痛みや腫れがおこりやすいと考えられる場合は、痛み止めや腫れ止めなどの注射の併用で、症状をかなり軽減することもできます。

抜いた後に気をつけることは?
激しい運動、長時間の入浴、当日の飲酒などの血行の良くなる行為は出血、痛みの原因になりますので控えて下さい。また化膿予防として出される抗生物質は、飲んだり止めたりすると、薬の効きが悪くなるばかりか、薬剤耐性菌の発生を助長しますから、必ず指示通り内服して下さい。

抜歯後のトラブルってどんなことがあるの?
抜歯した後に一番多いトラブルは歯槽痛(ドライソケット)と呼ばれるものです。抜歯後、だんだん症状が軽くなっていたのに、何日かして抜いた場所がズキズキ痛みだします。通常抜歯した穴には血餅と呼ばれる血の固まりで満たされ、それが肉になり穴がふさがっていくのですが、その血の塊がごっそり取れてしまい、骨がむき出しになり痛みが出てしまいます。これが歯槽痛(ドライソケット)です。

抜歯後のトラブルのなかでは最も予測が困難で、こうなってしまった場合は傷口に抗生物質軟膏などをつめ、内服の消炎鎮痛剤・抗生物質などを投与し、キズの治りを待ちます。また、下の親知らずを抜いた場合、親知らずの根が下あごの神経(下歯槽神経)に近いため、術後、抜いた側の口唇の感覚が鈍くなることがまれにあります。しかし、通常は時間ととも軽減していき、感覚は元に戻ります。


トップへ » 治療について・治療の流れ » 親知らずの抜歯 » 抜歯(親知らず)


コールバック予約

PAGE TOP