2015年1月 « トップへ » 2015年10月

2015年2月20日

完全な無痛治療を実現するための当院の取り組み

ひとりの患者様に平均4時間のゆったりとした時間を取る

一般的な歯科治療では、沢山の患者さんを診療する必要があるため、およそ1回の施術に30分程の予約時間しか確保できないことがままあります。

しかし、本当の無痛治療を行うためにはきちんとした麻酔導入の時間が必要であり、また治療後に麻酔からきちんと覚めるための時間を確保する必要があります。
時間的な焦りは、麻酔そのものの効き目を弱くする他、重大な医療事故を引き起こしかねません。

当院では、麻酔を行う全ての施術においてひとりひとりにきちんと麻酔が効き、術後の安全性を確保できる確実な時間をとり、安全性がいつでも安定して確保できる診療体系を確立しております。

ただリラックスさせるだけの麻酔ではなく、「痛みを感じさせない」麻酔治療

痛みを 「抑えるだけ」 の治療では、歯科恐怖症の方や嘔吐反射が激しい方にとっては、真の無痛治療と言えません。リラックスできる、痛みを感じにくいという中途半端なものではなく、「痛みを感じる余地がない」状態での治療を行う必要があります。
そのためには、保険診療では適用されない専門的な麻酔導入剤を使用することも必要となります。

当院では、比較的軽度な麻酔法である静脈内鎮静法をはじめ、あらゆる無痛治療において全身麻酔レベルでの管理法や施術法を用いて、全ての方にご安心いただける専門麻酔術による無痛治療をご提供致します。

麻酔の専門医が診断から施術まで一貫して行う歯科医療

無痛治療を掲げている医院の中には、麻酔科医を外部から応援に一時的にお呼びして麻酔を行う方法をとることが一般的です。

そして実際には、麻酔科医はむし歯の治療などは行わないことがほとんどであり、お口の中そのものにはあまり意識を向けることができないものです。
その場合、痛みを感じるであろう治療の時のみに麻酔科医を呼ぼうという判断をされることが多く、実際には痛い思いをしてしまう可能性も否定はできません。

当院は、麻酔の専門医をはじめ麻酔を熟知した医療スタッフがすべての診断から施術にまで全て関わって対応しているため、歯科恐怖症の方に術中の痛みを感じさせることはまずありません。

麻酔の安全性を保つために、無痛治療時は複数名の麻酔専門チームが施術に当たります

通常の歯科治療では、歯科医師と歯科助手の2名体制で治療に当たることが一般的です。
しかし、麻酔を伴う治療においては、心拍数に乱れはないか?呼吸が止まっていないか?血中の酸素濃度に異常はないか?など、麻酔による全身の状態の変化を常に管理し続ける必要があります。
また全身の状態を管理している者は、麻酔中に患者様にどのような変化が起こる可能性があるのかを熟知している必要があります。

当院では、麻酔専門医である院長が医療チーム全員に麻酔管理の教育を徹底して行い、あらゆるリスクに即座に対応できる知識・スキル・経験を持たせています。

このようなスタッフばかりを、無痛治療時には常時最低3名、1人の患者様に配置し、治療・アシスト・術中管理にそれぞれが特化して施術に当たっています。
麻酔治療中の全身管理をおろそかにしたり、管理者を置かずに治療に当たることは患者さんの安全をないがしろにすることに他ならないと当院では考えております。

ただ痛くないだけでなく、最善最良の安全な環境をご提供することが、無痛治療をご提供する上で最も重要なことと考え、当院では徹底して妥協なく取り組んでおります。

施術に当たる全スタッフが日本歯科麻酔学会に登録し、常に無痛治療の最先端技術を研鑽

当院は、歯科麻酔、及びそれに伴う無痛歯科治療の専門クリニックとして、医療チームのスタッフ全員が日本歯科麻酔学会に所属し、新たな医療技術の研鑽に努めています。

互いが仲間に頼り合っている集団は「医療チーム」とは呼べません。
一人一人のスタッフが「患者様の安心と本当の笑顔を取り戻す」ことを共通の目的とし、患者様や他のスタッフのために自分ができる最大限のサポートを責任を持って提供し合う、プロフェッショナルな意識を持つ人間の集まりが「医療チーム」であるべきです。

当院は、自信をもって「医療チーム」であることを患者さんにお伝えできる集団です。
あらゆる側面で、患者さんに安心・安全を提供し続けられるよう、スタッフ一丸となって更なる成長を図り続けます。

歯だけではなく、あらゆるリスクを徹底して把握する全身を考慮した精密な検査・診断

麻酔を用いる治療は、持病やアレルギーなど、歯の症状以外の健康状態をしっかりと事前に把握し、その患者さんにあった適切な対処を行いながら施術にあたる必要があります。
特に、外科処置を伴うインプラント治療などを行う場合には、血液の状態把握もとても重要なポイントとなります。

当院では、CT などの歯科における先進的な検査・診断機器は当たり前とし、全身管理のための血液検査をはじめ、全身に影響を与える口腔内細菌による菌血症を防止する観点から精密な歯周病原菌測定なども取り入れております。

無痛治療は、全身の管理をしっかりと行うことが安全上、とても重要な役割を果たします。安全への妥協のない取り組みが、患者さんの幸せな笑顔につながると当院では考えております。

本当に眠れる、本当に治療中に目が覚めない、本当に痛みを感じない、真の無痛治療

当院で行う麻酔治療は、本当に眠ることができ、治療中に目が覚めることがなく、そして本当に痛みを感じない本当の無痛治療であることが特徴です。

麻酔治療は、その手技をしっていれば誰もがこれらの状況を作り出せるものではなく、全身の管理をしながら、どのようなタイミングで、どの麻酔薬を、どのくらいの分量で導入していけばよいのか?
一人一人コンディションが異なる患者さんの身体の変化を見ながら、状況に応じて臨機応変に対処できる麻酔科医としての経験がその成否を左右します。

麻酔の専門医である当院のドクターは、どのような状況の患者さんであっても、この3つの状態を作り出すことができます。また、麻酔から目覚めることも、患者さんにとってはとても重要なことであり、麻酔のコントロールに長けた専門医のセンスが必要です。
当院は、患者さんが不安を持つことなく無痛治療に取り組むことができる医療を提供してまいります。

2015年2月 3日

よくあるご質問1

【Q】はじめての受診の際には、どれくらいの費用がかかりますか?

【A】初診日にかかる費用は、カウンセリング及び診察の 5,000円(税別)のみとなります。
 基本的にはそれ以上の金額はかかりません。
 >>料金についてはこちら

【Q】私は関西に住んではいないのですが、遠方に住んでいる患者でも、受け入れてもらえますか?

【A】当院は大阪にありますが、患者様の中には、九州や四国、中国地方をはじめ、関東・東海地方などからご来院される患者様もおられます。事前にご予約をいただき、お気兼ねなくご来院ください。

【Q】私は学生でまだ働いていないのですが、カウンセリングを受けることは出来ますか?

【A】どなたでもカウンセリングを受けていただく事は出来ますが、治療計画をスムーズに立てる為にも、未成年・学生の方は可能であればご家族とご一緒いただけますようお願い致します。

【Q】保険での治療は行っていますか?

【A】当院では、麻酔を用いた治療・短期集中での治療を行っており、完全自由診療のクリニックとなるため、保険での治療は行っておりません。

【Q】当日の初診予約でも受付けてもらえますか?

【A】当院は完全予約制のクリニックとなっており、大変恐縮ながら、当日は既にご予約の患者様でスケジュールが埋まっていることがほとんどであるため、お受けすることが難しい状況です。なるべくお早目にご予約のお電話をくださいますよう、お願い申し上げます。


【Q】当日にすぐ治療をしてくれますか?

【A】当日は、患者様のお口の状況を一通り診察させていただき、症状のご説明と患者様のご希望等をしっかりとお伺いするための時間となるため、初診当日は治療を致しません。

【Q】1度の治療で、全て治せますか?

【A】治療が広範囲に及ぶ場合など、お口の状況によって治療にかかる時間や回数は異なります。診察後に必要となる治療期間や回数をしっかりとご説明させていただきます。
当院の診療方針として、基本的には最短回数・最短期間(短期集中)での施術にて治療計画を立案させていただきます。

 >>短期集中治療についてはこちら


【Q】歯医者さん自体に恐怖心はないのですが、親知らずの抜歯だけが難しい生え方のようで大学病院を勧められました。
大学病院だと治療までに時間がかかってしまわないだろうかと不安になっていて他に良い方法があればと考えています。

【A】当院では眠った状態で抜歯することも出来ますので、抜いている最中の恐怖心を感じずに短期間で治療を終えることができます。

【Q】歯医者さん自体に恐怖心はないのですが、親知らずの抜歯だけが難しい生え方のようで大学病院を勧められました。
大学病院だと治療までに時間がかかってしまわないだろうかと不安になっていて他に良い方法があればと考えています。

【A】当院では眠った状態で抜歯することも出来ますので、抜いている最中の恐怖心を感じずに短期間で治療を終えることができます。

【Q】歯がボロボロですが大丈夫ですか?

【A】もちろん大丈夫です。そのような患者様もたくさんいらっしゃいますので、安心してご来院ください。


【Q】現在、妊娠・出産を考えており、産後を考えると妊娠前の今のうちに歯を全体的に治療してしまいたいと考えています。

【A】短期集中治療はもちろんですが、近年、早産・生理痛と歯周病との関係も知られてきています。また、出産後に忙しさもあり、なかなか受診できないまま歯を悪くされることも度々あり、母体の負担を考えると極力、妊娠前の歯の検査・治療を当院ではおすすめしております。


【Q】麻酔は本当に全く意識がなくなり、痛みを感じることはないのですか?

【A】歯科治療に用いる麻酔には個人差があり、ごく稀にわずかな記憶をお持ちになられる方もおられますが、99%以上の方がほぼ意識がなく、痛みも感じない、治療を受けたことを覚えていないとおっしゃられます。


【Q】本格的な治療を受けるかどうかは、即決しなければならないのですか?初日の説明を受けて、家に持ち帰って検討することは可能ですか?

【A】はい。もちろん可能です。患者様にとって、最善最良の選択となりますよう、患者様の意志を尊重致します。

【Q】自分の歯やお口の状況は、分かり易く資料を提示してもらえますか?


【A】検査・診断した結果は、資料化してお渡しすると共に、状況をひとつひとつきめ細やかにご説明します。
その後、どのような治療の選択肢があるのか、可能となる全ての選択肢をお伝えさせていただきます。

よくあるご質問2

【Q】お支払の方法はどのようになっていますか?

【A】当院での治療は、完全自由診療となります。お支払は、現金・クレジットカードをはじめ、各種ローンもご利用いただけます。

【Q】これまで歯の治療を我慢し続けてきたので、他の歯医者さんでは手が付けられないと言われたのですが、そのような状況でも診察していただけますか?

【A】当院に来院される患者様の多くは、歯科恐怖症やお口の中を触ると嘔吐反射が激しく生じてしまう患者様がほとんどです。
そのため、数多くのむし歯や歯周病の状態でも我慢した結果、症状が重くなっている方もおられます。そのような状況でも、当院でしっかりと治療を完了されておられますので、安心してご来院ください。


【Q】歯科医師(ドクター)は優しく接してくれますか?

【A】当院は、患者様が本当に安心して治療を受けて頂きたいと願い、全ての歯科医師、スタッフが、優しく丁寧な対応を徹底しております。


【Q】歯科医師・歯科衛生士の方は、患者担当制ですか?

【A】当院では、一人の歯科医師と一人の歯科衛生士が、治療終了まで変わることなく専属で治療にあたる「患者様担当制」をとっております。
最後まで責任をもって施術に当たらせていただきますので、安心してなんでもご相談ください。


【Q】インプラントを埋入した場合、最終的な歯はいつごろに入りますか?

【A】個人差や部位にもよりますが、通常、手術後3~4か月後となります。
それまで、状況管理をしっかりと行い、安全安心な施術を行っていきます。


【Q】インプラントの治療は、最短何回の治療で終了しますか?

【A】インプラントの治療については、最短3回で終了できるケースもあります。
歯を支える骨の状況や全身の健康状態によって、実際の回数は変動します。

>>インプラントについての詳しい説明はこちら

【Q】 麻酔をした場合、その日のうちに帰ることができますか?

【A】はい、お帰りいただけます。
当院の患者様は、全身麻酔を実施した場合であっても全ての患者様が当日ご帰宅されております。


【Q】麻酔治療をする場合、車で帰宅することはできますか?

【A】麻酔による治療後は、お車でのご帰宅はご遠慮いただいております。治療後は、しばらくの間、頭がぼーっとすることがありますので、患者様の安全のため、当日はご家族のお迎えなど、ご自身で運転をせずご帰宅いただける交通手段をご利用ください。
※車をご利用の際には自己責任での扱いとなり、万一、事故等を起こされましても当院では責任を負うことは出来ません。


【Q】 麻酔を用いた治療を受けた後、きちんと問題なく目覚めることができますか?

【A】当院ではこれまで4万例以上の麻酔による治療を行っておりますが、麻酔による副作用等を起こされた患者様は一人もおられません。
麻酔の治療には、細心の注意を払い、万全の体制を整えて慎重に施術にあたっております。どうぞ、安心して受診ください。


【Q】 過去に無痛治療の歯科で受診したことがあるのですが、実際は痛みがありました。大阪中之島デンタルクリニックでの無痛治療では、完全に痛みがない治療が行われるのですか?

【A】無痛治療には厳密な定義はなく、細い注射針を用いたり、麻酔薬を温める、歯ぐきに麻酔の薬を塗ることによって痛みの緩和を行うことを無痛治療と表現している場合があります。

当院の場合は、全身麻酔および静脈内鎮静法と呼ばれる麻酔専門の医師が行う全く異なるアプローチにより、施術中の痛みはもとより治療の記憶もが残らない治療法をほぼ全ての患者様に行う数少ない歯科医院です。

そのため、歯科恐怖症や嘔吐反射の激しい患者様など、これまで通常の歯科治療を受けることができなかった患者様でも、安心して治療を終了までお受けいただいております。


【Q】 最近、歯科医院での器具の滅菌に関して問題になっていますが、器具は全て滅菌されていますか?

【A】多くの歯科医院で、歯を削る器具であるタービンがしっかりと滅菌されていないことが新聞で報道されましたが、当院では開業当時から、施術に用いる医療機器で消毒・滅菌可能なものは、患者様お一人お一人毎に徹底的に消毒・滅菌を行い、消毒・滅菌をできないものについてはすべて使い捨て(ディスポーサブル)としております。

院内でのあらゆる感染を防止し、安心して治療に専念いただける環境を整えることも、私たちにとっては大切な役割であると考えております。


2015年1月 « トップへ » 2015年10月


コールバック予約

PAGE TOP