«  2017年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年4月11日


当院のチーフ衛生士 宮本美規子が講師として主催し、
治療をスムーズに稼働していただけるようにと、
歯科衛生士・スタッフ向け 静脈内鎮静法のアシスト力強化セミナー
を、4月9日に開催致しました。

ご参加頂きました医院はじめご参加の皆様方に重ねて御礼を申し上げますとともに、末永いお付き合いのほどお願い申し上げます。

前半では、スライド・動画での説明を中心とした講義を、点滴の組み方等の実習を行いました。
今回は、ご参加くださった人数も多く、2組に分かれて実習を行いました。

IMG_0594.JPG

IMG_0598.JPG

後半では、心電図の装着の仕方・三方活栓を用いた採血の体験・チャート用紙の記入も行いました。

IMG_0616.JPG

IMG_0624.JPG

ドクターの居られない環境での下、少人数での実習は、スタッフ同士のコミュニケーションもはかれ、みなさま意欲的に取り組んで頂き、充実したセミナーだったのではないかと思います。


静脈内鎮静法を実行していただく為には、スタッフの方々のスキルアップも非常に大きな力になってきます。セミナーを受講していただいた皆様にはぜひ継続して静脈内鎮静法を活用いただけることを願っております。
セミナーに限らず、お困りごと、静脈鎮静下治療導入に関するご質問ございましたら、お気軽にご相談下さい。

2017年3月18日


当院の院長 山本彰美が講師として主催する
翌日から始められる安心・安全の『初めての静脈内鎮静法』実践セミナー
を,今回は3月11日、12日と「2日間」にわたりに開催致しました。

ご参加頂きました医院、先生はじめご参加の皆様方に重ねて御礼を申し上げますとともに、末永いお付き合いのほどお願い申し上げます。

IMG_0590.JPG

1日目には、スライド・動画での説明を中心とした講義を、
また、笑気ガスや静脈内鎮静法で使用する、器具を使用した実習を行いました。

IMG_0536.JPG

IMG_0541.JPGのサムネール画像

IMG_0549.JPG

2日目は、実際に採血を行いCGF・AFGの実演、体験も行いました。

IMG_0568.JPG

IMG_0581.JPG

また、ドクター、衛生士さんに分かれて、点滴の実習も行いました。

IMG_0579.JPG

IMG_0571.JPG


実際に体験、経験することで実際に行うイメージも持ちやすいのではないでしょうか。


当院では、セミナー受講後にできるだけ多くの先生方が、きちんと院内で静脈内鎮静法に着手し、継続して活用いただけることを願っております。
セミナーに限らず、お困りごと、静脈鎮静下治療導入に関するご質問ございましたら、お気軽にご相談下さい。

2017年3月 8日


当院の山本院長が毎月第一火曜日ラジオ出演しております♫♪

FM OSAKA(FM851)
若宮テイ子さん、下埜正太さんのGOOD MORNING OSAKA!!!★☆

10:15頃からのコーナー
【教えて!歯医者さん】
デンタル兄ちゃんのお悩みにお答えしていくコーナーです!!


今月のデンタル兄ちゃんの今日のお悩みは?

歯科の治療の後に赤いシートを「カチカチしてください」
と言われますが、何を調べているのでしょうか?


今月のテーマは「歯医者さんの赤いシート」ですね!


この赤いシートの正体は、歯と歯の噛み合わせを調べるものです。
紙はカーボン紙で、シートを噛むことで、歯に色をつけてマークをしています。


歯の治療で詰め物をされたり、被せ物をされる治療をすると、
他の歯と治療した歯の噛み合わせを調整する際に使用します!!


「カチカチ」、そして歯ぎしりのように歯を横にスライドさせて「ギシギシ」することで、
歯と歯の当たり方が強すぎないか、弱すぎないか、ということを診ています。
顎は普通の関節とは違い、上下左右に動くことのできる関節であり、
少しのズレが噛み合わせに影響することもあるんです!!!


また、口の中はとても敏感で、髪の毛1本でも入ると、すごく嫌な感覚があると思います。


なので、歯の噛み合わせを診るシートはとても薄いものです。
赤いシートにも種類はありますが、とても薄く10ミクロンという薄さの
「赤いシート」で重要な噛み合わせを歯医者さんは診ているのです。


お口の中に違和感のある方、噛み合わせに問題があるのかも!?
一度チェックしてみのもいいかもしれませんね♪♪♪

若宮テイ子さん 下埜正太さん 楽しい時間を有難うございました★★★

2017年2月 7日


当院の山本院長が毎月第一火曜日ラジオ出演しております♫♪

FM OSAKA(FM851)
若宮テイ子さん、下埜正太さんのGOOD MORNING OSAKA!!!★☆

10:15頃からのコーナー
【教えて!歯医者さん】
デンタル兄ちゃんのお悩みにお答えしていくコーナーです!!


今年最初のデンタル兄ちゃんの今日のお悩みは?

30代半ばに差し掛かって、気になっているのは加齢臭
年齢を重ねることで、口臭もキツくなるのでしょうか?

年齢を重ねると、口臭はキツくなってきます。
これは、皆さんがなることで、避けることができません。
目安の年齢は40歳前後です。


口臭の原因としては、乾燥です。
お肌の乾燥は保湿を行ったりするので、イメージはつきやすいですが、
口の中、骨、関節も乾燥するのです。

お口の中が乾燥するということは、唾液が減るということです。
唾液が減ると、細菌が増え、口臭の原因となります。

唾液が臭うことはないかと思われるかもしれません。
ですが、唾液単体では臭いはありません。

唾液は口は分泌された後、お口の中を通ります。
むし歯、歯周病、被せ物(金属・セラミック)の隙間の細菌など、
色々な臭いがするのです。

予防としては、唾液の量を増やすことです。

例としては、食事中に噛む回数を増やす、ガムを噛む
などが挙げられます。

ご自身の口臭が気になる方、、
家族に口臭を指摘された方、、、
歯医者さんで口臭チェックや臭いの原因(歯周病など)を調べることが出来るので
一度診てもらってはいかがですか♪♪

若宮テイ子さん 下埜正太さん 楽しい時間を有難うございました★★★

2016年12月 7日

当院の山本院長が毎月第一火曜日ラジオ出演しております♫♪

FM OSAKA(FM851)
若宮テイ子さん、下埜正太さんのGOOD MORNING OSAKA!!!★☆

10:15頃からのコーナー
【教えて!歯医者さん】
デンタル兄ちゃんのお悩みにお答えしていくコーナーです!!


デンタル兄ちゃんの今日のお悩みは?


どうやら悩み多きデンタル兄ちゃん...
もうすぐクリスマス★ということで、、、
キスで虫歯菌が感染するという話を聞いたことがありますが、どの程度のキスで感染するのでしょうか?

原因となる、虫歯菌や歯周病菌というものは、そもそも、人が通常もっている菌です。
虫歯や歯周病は感染症なので、キスを介して、菌は移動し、歯周病菌も同様に人へ移っていきます。

ですが、自分が保有する菌というものは、成人までにある程度決まってきます。
虫歯菌も持っていなければ、虫歯にならないというわけです。

人から人へ移動するからといって発症して感染するわけではありません。
あくまで移される側の免疫力などの体質によるものです。

ただ、小さなお子様は免疫力がまだないため、相手の菌が勝ってしまう恐れがあるので、「口移し」はお気をつけください!
また、食べ物を冷ましたり、食べやすくしてあげる際、ご自身の口に入れたものを食べさせるのも少し注意が必要となってきます。


恋人やご家族にはきれいなお口でいてもらいたいですね★
お口の中は定期的にお掃除をされるのが、オススメです!


若宮テイ子さん 下埜正太さん 楽しい時間を有難うございました★★★

2016年11月 4日

当院のチーフ衛生士 宮本美規子が講師として主催し、
治療をスムーズに稼働していただけるようにと、
歯科衛生士・スタッフ向け 静脈内鎮静法のアシスト力強化セミナー
を、11月3日に開催致しました。

ご参加頂きました医院はじめご参加の皆様方に重ねて御礼を申し上げますとともに、末永いお付き合いのほどお願い申し上げます。

前半では、スライド・動画での説明を中心とした講義を、点滴の組み方等の実習を行いました。
今回は、ご参加くださった人数も多く、2組に分かれて実習を行いました。

スライド.JPG

点滴の組み立て方.JPG

後半では、心電図の装着の仕方・三方活栓を用いた採血の体験・チャート用紙の記入も行いました。
皆様、慣れておられので、スムーズに実習を行うことが出来ました。

三方活栓.JPG

チャート練習.JPG

ドクターの居られない環境での下、少人数での実習は、スタッフ同士のコミュニケーションもはかれ、みなさま意欲的に取り組んで頂き、充実したセミナーだったのではないかと思います。


静脈内鎮静法を実行していただく為には、スタッフの方々のスキルアップも非常に大きな力になってきます。セミナーを受講していただいた皆様にはぜひ継続して静脈内鎮静法を活用いただけることを願っております。
セミナーに限らず、お困りごと、静脈鎮静下治療導入に関するご質問ございましたら、お気軽にご相談下さい。

2016年11月 1日

当院のチーフ衛生士 宮本美規子が講師として主催し、
治療をスムーズに稼働していただけるようにと、
歯科衛生士・スタッフ向け 静脈内鎮静法のアシスト力強化セミナー
を,10月30日に開催致しました。

ご参加頂きました医院はじめご参加の皆様方に重ねて御礼を申し上げますとともに、末永いお付き合いのほどお願い申し上げます。

前半では、スライド・動画での説明を中心とした講義を、点滴の組み方等の実習を行いました。

講義写真.JPG

点滴の組み方.JPG

後半では、心電図の装着の仕方・三方活栓を用いた採血の体験も行いました。

心電図.JPG

採血.JPG

ドクターの居られない環境での下、少人数での実習は、スタッフ同士のコミュニケーションもはかれ、みなさま意欲的に取り組んで頂き、充実したセミナーだったのではないかと思います。


静脈内鎮静法を実行していただく為には、スタッフの方々のスキルアップも非常に大きな力になってきます。セミナーを受講していただいた皆様にはぜひ継続して静脈内鎮静法を活用いただけることを願っております。
セミナーに限らず、お困りごと、静脈鎮静下治療導入に関するご質問ございましたら、お気軽にご相談下さい。

当院の山本院長が毎月第一火曜日ラジオ出演しております♫♪

FM OSAKA(FM851)
若宮テイ子さん、下埜正太さんのGOOD MORNING OSAKA!!!★☆

10:15頃からのコーナー
【教えて!歯医者さん】
デンタル兄ちゃんのお悩みにお答えしていくコーナーです!!


デンタル兄ちゃんの今日のお悩みは?


どうやら悩み多きデンタル兄ちゃん...
歯医者さんで治療中に「痛かったら手を挙げてくださいね」と言われたとき、どのくらいの痛みで手を挙げたら良いのでしょうか?

就職情報のマイナビが今年8月、大学生を対象に「歯の治療で痛かったら手を挙げますか?」という調査をしました。その結果「挙げられない197人(51.3%)」「挙げられる187人48.7%」ほぼ半数が「挙げられない」という回答でした!(TдT)

挙げられない主な理由
・恥ずかしい
・何とか我慢するから
・すぐに止めてくれない
・手を挙げる余裕がない

挙げられる理由
・素直に指示に従って
・我慢出来ないほど痛いから
・反射で手を挙げてしまう


歯医者さんが「手を挙げてください」というのには、3つの理由があります。

1つ目は、神経のある歯を治療する場合。
「痛いかもしれないが、耐えられるだろう」ということから。
もし、耐えられないようなら、麻酔を用いたり、様子を伺います。

2つ目は、神経のない歯を治療する場合。
神経は無いので、痛みは発生しませんが、確認の難しい神経などが
残っている場合、痛みが発生します。
我慢をすると、まだ削っても大丈夫であると、判断されることがあるので、
痛みを我慢してはいけません。

3つ目は、麻酔を行ったがまだ効いてない状態で治療が始まった場合。
こちらも、すぐに、お知らせください。


治療中、痛みを感じた場合は我慢せずに、すぐにお知らせくださいね♪


若宮テイ子さん 下埜正太さん 楽しい時間を有難うございました★★★


2016年10月 7日

当院の山本院長が毎月第一火曜日ラジオ出演しております♫♪

FM OSAKA(FM851)
若宮テイ子さん、下埜正太さんのGOOD MORNING OSAKA!!!★☆

10:15頃からのコーナー
【教えて!歯医者さん】
デンタル兄ちゃんのお悩みにお答えしていくコーナーです!!


デンタル兄ちゃんの今日のお悩みは?


どうやら悩み多きデンタル兄ちゃん...左側の歯ばっかりで噛んで食事をしているようで、噛み合わせは悪くないと思うのですが、最近は「アゴがだるい」という感覚があるそうです。


噛み合わせとアゴには関係あるのでしょうか?

実は、関係あるんですっ!!!!


片方のアゴでもの噛むと、使用するお口の周りの筋肉に偏りが出る為、バランスよく噛むということが大切になります。

両顎でしっかりバランス良く噛む意識をしてみてください♪

アゴの骨は上下左右『3方向』に動く為、首や背骨にも影響しているので、身体全体がだるくなることもあります。

バランスのよい噛み合わせは歯医者さんでチェックしてくださいね♪


ムシ歯や歯周病、歯ぎしりなどで、歯が崩れてしまうこともあります。
よい噛み合わせは永久的ではない為、定期的に歯医者さんを受診することを
オススメします!!


若宮テイ子さん 下埜正太さん 楽しい時間を有難うございました★★★

当院の院長 山本彰美が講師として主催する
翌日から始められる安心・安全の『初めての静脈内鎮静法』実践セミナー
を,今回は10月1日、2日と「2日間」にわたりに開催致しました。

ご参加頂きました医院、先生はじめご参加の皆様方に重ねて御礼を申し上げますとともに、末永いお付き合いのほどお願い申し上げます。

集合写真IMG_0334.JPG

1日目には、スライド・動画での説明を中心とした講義を、
また、笑気ガスや静脈内鎮静法で使用する、器具を使用した実習を行いました。

スライドIMG_0190.JPG

医院見学IMG_0200.JPG

2日目は、実際に採血を行いCGF・AFGの実演、体験も行いました。

採血IMG_0265.JPG

CGFIMG_0310.JPG

また、ドクター、衛生士さんに分かれて、点滴の実習も行いました。

点滴IMG_0291.JPG

衛生士IMG_0272.JPG

実際に体験、経験することで実際に行うイメージも持ちやすいのではないでしょうか。

当院では、セミナー受講後にできるだけ多くの先生方が、きちんと院内で静脈内鎮静法に着手し、継続して活用いただけることを願っております。
セミナーに限らず、お困りごと、静脈鎮静下治療導入に関するご質問ございましたら、お気軽にご相談下さい。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

大阪中之島デンタルクリニック 院長 山本 彰美 大阪中之島デンタルクリニック
院長 山本 彰美

歯科治療はつらいと思いこんでおられませんか?

当院では、治療に際する苦痛、不安、恐怖を感じないですむように、歯科麻酔の技術を活用して、安全で安心していただける、本物の無痛歯科治療を提供します。私たちがもっとも満足する瞬間、それは患者さんの笑顔がこぼれること、そして、それに連動して、私たちにもより素晴らしい笑顔が生まれることです。

私たちは苦痛を伴わない歯科医療を行えることによろこびを感じ、また歯が健康であることにより、素晴らしい毎日を過ごしてもらえることに貢献できたという喜びを感じている医院でありたいと常々思っています。明るい笑顔のもてなしと、楽しく弾む会話、そして清潔なイメージがあふれ、痛みや不安のない歯科医療技術を提供し、信頼される人間関係を構築することによって、より満足して感動してもらえる医院を目指しています。