トップへ » 嘔吐反射 ~ 嘔吐恐怖症 ・ えずき外来 ~

嘔吐反射 ~ 嘔吐恐怖症 ・ えずき外来 ~

【 嘔吐反射 ~ 嘔吐(おう吐・おうと)恐怖症 ・ えずき(えづき)外来 ~ 】

当院にご相談に来られる患者様には、「嘔吐反射」と呼ばれる症状がひどく、えずく(えづく)ことによる恐怖心により、これまで他の歯科医院で治療を受けることができなかった方が数多く来院されます。

嘔吐反射が激しい方は、日常の生活においても、ご苦労をお持ちの方が多く、当サイトにも、「マフラー 嘔吐反射」「タートルネック 嘔吐反射」などのキーワードで検索されてご覧いただく方も多いようです。

・ 歯磨きをするときにもオエッとなる(吐き気がする)
・ 喉元に異物がある状態が苦手で、タートルネックも着ることができない
・ Yシャツも一番上のボタンをとめる事が出来ない
・ ネクタイも締められない
・ 美容室で首に巻かれるタオルが苦痛で、テルテル坊主のように首を絞めるシートも苦手
・ 逆流性食道炎(胃から食べ物が逆流する症状がある)と診断されている
・ 口呼吸・ドライマウスと診断されていたりして、口が乾きやすい
・ 常に自分用のペットボトルや水筒、飲み水を持ち歩いている

このような患者様にとって、「歯医者さんにもう一度治療に行こう!予約を取ろう!」と決意できるようになるまでに、次のような不安やお悩みを乗り越えて、勇気を振り絞って行動を起こされている方がほとんどです。


来院される前に嘔吐反射の患者さまが抱えておられる不安や悩み

・ トラウマがあり、歯医者が嫌いになって行くのが辛い
 (涙がでてきてしまい、嗚咽(おえつ)してしまう)
・ 歯の治療が必要なことは自分でも理解している。
 でも、電話をしようとしてもなかなか電話の発信ボタンを押すことができない
 (何時間もためらってしまう)
・ 歯の治療を想像すると、意味もなく緊張してきて、心臓もドキドキしてしまう
・ 怖い、恐怖感が生まれてしまい、考えただけで気持ち悪くなる
・ もどす(もどしてしまう)
・ 痛くない歯の治療を求めて一度頑張って治療に行ったことがあるが、実際には痛みもひどく感じてしまい、我慢できなかった

嘔吐反射は、物理的な刺激により起こる場合もありますが、多くの患者様を長期間悩ませ続けている原因の多くは、心因性の嘔吐反射、つまり過去のトラウマにより生じてしまう症状です。ひどくなると、「歯医者恐怖症」「歯科恐怖症」と呼ばれる症状にまで悪化することがあります。


過去の治療経験によるトラウマ

・ 歯の治療中に嘔吐してしまったことがあり、その後、歯医者に行くと迷惑をかけると思い、
 とうとう行けなくなってしまった(吐き気から実際に吐く所までいってしまった)
・ 自分が嘔吐反射がキツイことを知ったとたん、先生がムッとした顔で怒ってしまい、
 冷たくなってしまった
・ 「もう少しだから我慢してください。大人でしょう?」と叱られたことがトラウマになった
・ 「もうウチではあなたを治療できないので、他の歯医者さんを探してください」と言われた
・ 自分のことをわかってくれる優しい歯科医師の先生に出会うことができたが、
 何度でも治療の手を止めてくれることで、治療が全然進まずに結局最後まで続けられなかった
・ 昔は立ったままで治療を行ってくれる歯医者さんがあったが、その歯医者さんがなくなってしまって、
 どこで治療をお願いすれば良いかわからなくなって不安が増してしまった


このようなトラウマによって、どんどんと歯の治療が遠のいてしまい、結果としてご自身の歯の多くを失ったり、むし歯や歯周病を悪化させてしまうケースは少なくありません。

このようなお悩みをお持ちになられる患者様にとって必要なのは、「怖い・不安・恐怖」といった感情を一切感じることなく、歯の治療を完了できる歯科治療の体制です。

「なにも感じずに歯の治療を行うことなんてできるの??」はじめての患者様の中には疑心暗鬼になられ、そのように感じる方もおられます。しかし、当院が行う、嘔吐反射の患者様のための

「完全麻酔法による無意識下の無感覚・歯科治療」


 を受診された患者様は、「もっと早く出会っていればよかった」と感動していただけます。

  

 ≪嘔吐反射の患者様が歯科治療に求める希望・ニーズ≫

「歯医者がかなり苦手で、緊張してオエってなりそうになります!」と、ご予約の時にお気兼ねなくお話しください。

 当院では、事前に嘔吐反射の方のための治療方法について、ご説明させていただき、自信と安心感をもって治療をはじめていただくことができるようになります。

 当院での治療中、患者様には一切の意識がない状態で治療が進行しますので、そもそも「無理をしないですむ」という状況を超え、

 「治療が終わるまで気づかない」という状態ですべての歯の治療を終えることができます。

 嘔吐反射の歯科治療を専門としている当院では、

 単純な笑気ガス(笑気麻酔)による簡易的な麻酔法ではなく、静脈鎮静法・静脈麻酔法・全身麻酔法など、一般的な歯科医院では行うことができない麻酔法を、
 麻酔の専門家により執り行うことができますので、「完全無意識下での歯科治療」が可能となり、すべての嘔吐反射に悩む患者様の治療を、快適に行うことが
 可能となっております。

 ≪来院中・治療中の患者様のお悩みにも徹底的に配慮した対応で患者様をサポートします≫

 ・バキューム(だ液を吸う機械)がお口に入ると吐き気がする
 ・事あるごとに「オェッとなる」、「ウェッとなる」、「オエオエなる」
 ・口を大きく長時間開けている状態は耐えられない
 ・治療の際に入れられる綿(ワタ)がダメ
 ・「奥歯の治療が苦手」「奥歯の型取りが苦手」「レントゲンを撮るのが苦手」
 ・歯の印象(型取り:かたどり)の時に吐き気が酷く、涙目になり、我慢ができない
 ・治療中に我慢しても涙や鼻水が出てくる
 ・冷や汗や手汗、手が震える
 ・手をグッと握って力が入ってしまう
 ・口をゆすぐことができない、うがいができないことが続くと不安
 ・治療中に息ができなくなることがある(鼻で息ができない)
 ・口を大きくあけることができない
 ・治療中に頻繁に咳き込んでしまう
 ・浸麻のお薬(歯の治療に使う麻酔の注射液)が喉(のど)に流れてくることがつらく我慢できない
 ・太い指が口の中に入る(入るのをイメージする)と気持ち悪くなる
 ・治療する歯科医師の指が太くて辛い
 ・人の指が入るのが耐えられない
 ・グローブの匂いで吐き気がする
 ・ミラーを口に入れられるのがダメ
 ・チェア(診療台)を倒しすぎたり、治療の時に頭が下がりすぎると吐き気がする
 ・口を乾燥させるガーゼ(綿・ワタ)をずっと口の中に入れられるのに耐えられない
 ・辛い時に、治療の手を止めてくれない(治療をやめてくれない)ことが怖い
 ・呼吸(息)をするタイミングが乱れる
 ・異物が入るのが苦手


 当院の治療中に、上記の不安を感じることはまずありません。
 ご安心ください。


 たとえば、ニオイを苦手とする嘔吐反射の患者様には、ニオイがしない専用のグローブを着用するなど、
 患者様の小さな不安にもこれまでの数多くの嘔吐反射の患者様のお声をもとに、細やかな気配り・配慮を重要視しています。


 ≪嘔吐反射が原因で歯の治療を受けられずにいる患者様への当院の治療法≫

当院における"嘔吐反射"が激しい患者様のための治療はすべて、全身麻酔法または、完全に患者さんが意識がない状態にまで導く静脈麻酔法のいずれかの方法により行います。

 そのため、嘔吐反射がひどくお悩みの患者様でも、完全に寝ている状態(意識がない、無意識下の状態)
 で、歯の治療は終了してしまうため、すべての方が安心して治療を最後までお受けいただいております。


 ≪そもそも、治療の前の検査が苦手・・・そんな方も安心の、「オエッとならない!」嘔吐反射が激しい方のための安心の検査方法≫

 ・ミラーを口に入れられるのを想像しただけで吐気がする
 ・人の指が口に入ってくると我慢ができない(太い指は論外)

 歯の治療をはじめる以前に、そのような不安や恐怖を感じている患者さんも沢山おられます。
 当院では、そのようなお悩みをお持ちの方に、

 「完全麻酔下・無意識下でのお口の検査」 

 もご希望があれば実施することができます。

 イメージとしては、胃カメラによる検査の時の全身麻酔と同じような感覚で、
 眠ったままですべての検査が終了するような印象をお持ちいただけることと思います。

 まずは是非、安心して当院にご来院・ご予約のお電話をください。


トップへ » 嘔吐反射 ~ 嘔吐恐怖症 ・ えずき外来 ~


コールバック予約

PAGE TOP